温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

PCを楽しむ/2013-12-07

新しいPCの自作-6。

  • 12月7日

          前に戻る     次へ進む

 やっとまともにWindows8.1が動き出した。

 BIOSのアップデートは、アップデーターを解凍していなかった為に出来ませんでした。何とも初期的なミスで。RAIDの構成が出来なかったのは、BIOS立ち上がり時に、本来は”Ctrl + i”と入れるべきところを、”Ctrl + l”と入れてしまった為でした。これも何と初期的な間違いでした。でもこの事に気が付いたのはかなり遅い状態で、とてもOSの再インストールまでは戻れない段階で、今はSSDに関してはRAIDを組まない状態になっています。HDDに関しては、RAID1を組んで使っています。
 Windows8のアップグレード版のクリーンインストールは、結局2度インストールする方法を選びました。でもそれでは2個あるSSDが有効に使えないと、更にもう一度、別のSSDに、合計3回インストールする羽目になってしまいました。そして最初にインストールしたOSはディスク上でイレーズして、領域を解放して、有効に使えるようにしています。SSDにRAID0が組めていれば、もっと有効になるのですが、今回は諦めです。
 Windows8をインストール後、Windows8.1に更新しようと思ったのですが、Windows8のアップデートがその前に必要で、そのためにかなりの時間が必要となりました。その後Windows8.1への更新を終えていますが、これもまたかなりの時間が必要となりました。
 CrystalDiskMarkでの速度計測は以下のようになっています。

SSD CdriveHDD Edrive
 SSD Cドライブ。 HDD Eドライブ。

 SSDにしては遅く感じます。又HDDにしては早く感じます。大きなデーターの書き込みは、HDDもSSDに負けていません。ついでに今回購入したUSBメモリーの性能を見てみました。

USBメモリー SanDiskの”Extreme USB 3.0 Frash Driver”です。かなりのデーターを叩き出しています。SSDにRAID0が構成出来れば、Cドライブはもっと快適になっていたと思いますが。
 実際にPCを使用した感じでは、ネット等で相手側に依存する以外は、かなり快適に感じます。それよりも何もPCの静かさです。使用している3個のファンの電圧を12Vから7Vに下げると、言うまでもなくノイズレベルは一段と下がり、ほとんど聞こえません。この状態でもCPUの温度はほとんど変わらないと思います。
 ”Window8.1”はまだほとんど使っていない状態ですが、XP と比較してまだ使いやすくなったとは感じていません。内容が良く理解できていないことが理由だと思います。これから使い込んでまたいずれその使用感をアップしたいと思います。
 それにしてもSSDをRAID0で構成出来なかったことが、つくづく悔やまれます。いずれの日にかやり直してみたいと思います。PCの移行に関してはFireFox,Thunderbirdのデーター移行も必要ですが、これも何ら問題なく移行できました。

 ただ一つ気になったことがあります。自分のHPの画面上の表示がわずかですが、今までと変わっていたことです。新しいPC上での表示を優先して、変更しました。

  • 12月7日

 システム予約済のパーティションがやっと消せた。

 2機のSSD上手く使えていませんでした。Windows8のインストール時、アップグレード版をクリーンインストールするのに、色々とネット情報をもとに実施したのですが、結局3回インストールして、まともになったのは良かったのですが、最初にインストールしたSSDに、”システム予約済”のパーティションが残ってしまい、SSDが2機無いとWindowsが起動しない状態になっていました。最初からRAIDが構成出来ていればこんなことにはならなかったのですが。これからのことを考えると、SSD2機が無いと起動しないのはどうしても問題になります。そこでまたまたネットで調べて、この”システム予約済”のパーティションを無くすことにしました。ネット上には2つの方法が見つかりました。”Diskpart”を使う方法と、”Bootrec”を使う方法です。最初に”Bootrec”を使う方法を試してみましたが、目的は果たせませんでした。結局”Diskpart”を使う方法で上手く行き、、”システム予約済”のパーティションの削除に成功しました。と言うか、”システム予約済”のパーティションを持つSSD無しで起動することが出来るようになりました。これで2機あるSSDの内、1機が外せるようになりました。これで万が一のために、SSDのクローンを他に作ったり、空いたSSDで、HDDにIntel SRT を採用したりすることも出来るようになりました。時間を惜しまなければ、SSD2機でRAID1を組むことも出来ます。どうするか、これから色々と考えたいと思います。 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8776)


Counter: 1512, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional