温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

PCを楽しむ/2013-11-27

新しいPCの自作-4。

  • 11月27日

          前に戻る     次へ進む

 新しいPC自作用部品発注。

 迷いに迷ってやっと構成を決めて、部品を発注しました。多分これが最後のPC自作になるでしょうから、多少奮発しました。注文先は ”ツクモネットショップ”と ”Amazon" です。最初の案から変わったのは、CPUを一段ランクダウン、HDDを1TBに、ブルーレイドライブをDVDドライブに、ケースファンを追加、そしてCPUクーラーの変更です。現用機ではSSDを2台使って、RAID0構成していますが、新しいPCでは最終的にどうするか、未だ決めていません。とりあえずはHDD2台でRAID1を組む予定で、速さに不満を感じる場合は、SSDを追加して、Intel SRT を組んでみようかと思っています。

 新しいPCを作ることを急いだ理由に、最近現状のPCの調子が良くないことがあります。色々と調べたのですが、どうやらマザーボードの電源コネクター部分が何やらおかしく、何かの拍子に電源が自動で入ったり、電源を入れてもすぐに落ちてしまったりしています。そこでマザーボードの電源コネクター部分の半田をやり直してみたり、電源ケーブルを色々な方向に振ってみたりして、なんとかごまかして使っている状態です。その結果、パワースイッチを入れなくとも、電源の抜き差しでON/OFFしていたPCが、パワースイッチのみで、ON/OFFするようになりました。これはやはり早く新しいPCを組めと言うことかと思って。

値段
CPU Intel i5-4570 BOX18,980
マザーボード ASUSTeK H 87 Pro10,185
PC ケース FractalDesign Define R4 FD-CA-DEF-R49,980
HDD WESTERN DIGITAL Red WD10EFRX 7,380×214,760
電源ユニット 玄人志向 KRPW-PT500W/92+8,175
メモリー CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]7,545
DVDドライブ LG GH24NS95 BL バルク1,850
CPUクーラー サイズ 兜2 KABUTO2 トップフローCPUクーラー SCKBT-2000 2,980
ケースFANFractal Design FD Silent Series 140mm Silent Series R21,980
合計74,589
SSD 現状品 Intel 330 Series SSDSC2CT120A3K5 1台     13,470
SSD を加えた合計88,329

 ケースファンを追加したのは、PCケースに同じ140mmファンが2個付いていて、更に電源部分で外部からエアーを吸い込んでいるため、バランスを取るためにケースのトップからエアーを排出するためです。これで箱としては、エアーの流れがスムーズに成るのではないかと、考えてのことです。PCケースの前面と、下部(電源部分)からエアーを吸い込み、バックとトップから排出します。
 CPUクーラーにトップフローを選ぶのは、単にCPUの冷却だけではなく、その周りの冷却も行いたいためです。そのファンは場合によっては、変更することになるかも知れません。
 次に問題になりそうなのが、モニターです。今は17インチの液晶を使っていますが、これをどうするかです。解像度は1280×1024ありますから、横幅が少し短いのが多少気になるところです。まあ暫くは様子見です。

 SSDの使い方に関して。

 新しいPCでSSDを如何に有効に使用するか、良く考えることが必要なようです。Intel SRTではキャッシュとして使用できるSSDは最大で64GBとのこと、残りは他で使用できますが、もたいないですね。SRTでは、。SSDが不具合を起こした場合、復旧がかなり面倒になりそうです。OSとプログラムを全てSSDに入れて、HDDはあくまでもデータ用という手もありますね。”OS”や”Thunderbird”や”Firefox”の更新されるデーターもHDDに移行することにすれば、SSDがおかしくなった場合、修復が楽になりそうです。そしてSSDは2台をRAID0で使用して、より高速なPCにする。HDDはRAID1で使用しますから、より安全なPCになるかと思います。PC全体として、安心、安全、そして高速なPCとすることになります。そのためには現状のPCからSSDを取り外し、セキュアーイレーズすることが必須となります。とすると、その前にやらなければならないことが色々と出てきます。やらざるを得ないようです。

  • 11月28日

 XP機がついにダウン、新しいPCの部品は揃ったが。

 今朝ついにXPが本当にいかれてしまいました。発注していた新しいPCの部品は全て揃いましたが、まだ稼動までには時間がかかります。今このHPのアップデートは2000機で行っています。CPUは何せ”Celeron”の”1.3Ghz”、大変厳しい状態です。新しいPCがあがるまでの処置として、XP機で使用している”SATARAID4P-PCIカード”とSSD使えないか、あるいは”Pentium Ⅳ 2.4Ghz”が使えないか、検討しているところです。マザーボードが何せ”AOpen”の”MX3S-T(J)”ですから。
 先ずCPUは駄目ですね、”MX3S-T(J)”は対応CPUが”FSB100 / FSB133のSocket370 PentiumIII / Celeron”ですから。何とかPCIカードが使えると良いのですが。
 又電源を見て気が付いたのですが、エアーの流れはPCの底面から吸い込んで、背面に吐き出す形になっています。考えてみれば、PCの内部に吐き出すなんてないですね。したがってケースのトップにファンを追加することは、あまり意味が無いように思われます。清音性や、非稼動時のごみの進入を考えて、位置をフロントに変更して、ケースの中にエアーを吸い込む形にするか、省くことにします。

  • 11月29日

 Windows2000機復活。

 今まで単にデーターのバックアップ用として使用していたWindows2000機、色々とソフトを追加したり、ビデオボード(XP機の物)を追加したりして、何とか普通に使えるようにしました。普通に使用するソフトでどうしても使えないものもあります。Nikonのカメラからデーターを、直接取り込むNikon Transferが使えないことです。多分カードリーダーを使えば読めると思うのですが。後は何とかなりそうです。改めてWindow2000機を使ってみて、特別なことをやらない限り、普通に使えるなと感じています。
 新しいPCの方は一応全ての組み立てが終わり、電源を入れるばかり状態になりました。XP機で使っていたRAIDカードは未だ2000機では使えていません。これを何とか新しいPCで使ってみたいと思っているのですが、果たしてどうなるか。2000機で使えない理由が今一つ分かりませんから、新しいPCでも使えない可能性が高いかと思います。

  • 11月30日

 WindowsXP機の故障原因判明。

 何とかXP機を復活させたいと、色々とやっていました。その結果原因の一つが電源であることが判明。早速LINUX機の電源を付け替えて見ました。でもまだ不安定で、マザーボードのパワーSWへの配線の接触が不安定になっていることも原因の一つであることが判明。電源を入れ替えて、最初のうちは何か不安定でしたが、使っている内に安定な状態になってきました。SSDでの動作を確認後、今度は昨年末まで使っていたHDDに切り替えて、試して見ました。今度は動作が異様に遅いし、何かHDDがカリカリ言いぱなっし。Windowsのアップデートが働いて、延々とダウンロード、インストールが続いています。今もカリカリ言っていいて、すでに何時間も。最初に2件、そしてその後39件の更新プログラムをインストールしているようです。これでHDDでXP機が使えることになれば、SSDを新しいPCで安心して使えることになります。新しいPCはすでに組み上がっていますから、後はSSDをどのように使うかを決めて、OSのインストールを待つ状態です。XP機が完全に復活したところで、SSDのセキュアーイレーズを行うことが必要となります。
 2000機はLANケーブルと、マウス、キーボードのコネクター部分が何か怪しくなっています。多少触るだけで、マザーボードがピーピー鳴きます。接点復活材でも必要な感じです。2000機はアップデートはありませんので、異様に動作が遅くなることはありませんが、ネットワークには出来るだけ繋げないようにする方が良さそうです。

  • 12月1日

 WindowsXP機のHDDは2セット有った。

 昨日復旧したXP機のHDDは容量が80GBのRAIDO1構成のもので、もう1セット容量が500GBのものも有り、それを本日復旧です。なぜ2セット有ったかは不明ですが、SSDへの移行時バックアップを取ったものと思われます。何れの復旧時も、Microsoftの認証を求められ、インターネット経由で簡単に認証は得られました。500GBのセットの方も、41個にのぼるWindows の更新プログラムがダウンロード、インストールされ、今回もそうとうに時間がかかっています。これで暫くは安心してXP機が使えると同時に、新しいPCの完成に時間が取れます。でも一つ困ったことがあります。XP機も2000機もDVDドライブが機能しないことです。認識はきちんとして、ディスクの扱いは出来るのですが、読み込みが全く出来ていません。これを何とかしなけれがならないようです。

  • 12月2日

 SSDのセキュアーイレーズが出来ない。

 フリーソフトのツールを使用して、パーティションをいじったり、RAID カードに繋げたままパーティションを無くしたりしてIntel SSD toolboxでイレーズを試みたものの、全くSSDを認識してくれません。マザーボードの RAID コネクターに繋いでも駄目でした。結局マザーボード上の SATA コネクターに接続しないと認識はしてくれないようなのです。XP機のマザーボード ”P4PE”にはRAIDのほかの SATA コネクターはありませんから、この機械での認識は不可能です。したがって SSD をセキュアーイレーズして新しいPCで使うためには、新しいPCで実行するしか手は無いようです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4500)


Counter: 1712, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional