温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

DIYを楽しむ/2015-02-06

小屋裏の改造-2。

  • 2月6日

          前に戻る     次へ進む

 玄関天井裏も一応完成。

 キッチンの天井裏の残っていた隅の部分は、合板を張らずに、そのままにして置くことにしました。天井裏への侵入を何時でも出来るようにするためです。
 玄関天井裏は結局垂木の方向を、今有るものと直角に配置することにして、設置して、更に合板の貼り付けも完了しています。

垂木設置合板設置収納してみた 左が垂木を設置した所です。そして真ん中が合板を置いてみた所です。右は出来たスペースに、苗箱等を置いたところです。拡げた所は幅約95cmですから、丁度苗箱1.5枚分程度です。高さが低いので、有効には使えません。

 天井裏には色々と筋交いが配置されています。その為に小屋裏に床を張る場合は、筋交いを入れる前に下地を張っている様です。筋交いを入れた後では、下地を張るだけでもかなりの時間を必要とします。そして家の柱の配置は、当然ですがかなりのばらつきが有り、下地をきちんと張るには、かなりの工夫が必要な感じです。
 今回垂木は接着剤と、コーススレッドで固定していますが、合板は今の所固定していません。これから何処を固定し、何処をそのままにするか決めて行きたいと思っています。

 ここまでやってみると、壁の部分が気になりだします。何か張っても良いかなとも思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7599)


Counter: 1225, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional