温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

DIYを楽しむ/2014-03-08

田圃用チェーン除草具ー1。

  • 3月8日

          前に戻る     次へ進む

 田圃の畝の除草をチェーンで行いたい。

 今年は田圃の畝間(条間)除草には、エンジン付き田圃中耕除草機(ミニエース)を導入しています。でも畝間はそれで出来ても、畝(株間)の部分は全く効果が有りません。そこでこの部分をチェーン除草してみようかと思っています。田圃の全面をチェーン除草することに関しては、色々と情報がありますが、畝の部分だけをチェーン除草する情報は、非常に少ないです。チェーン除草自体の効果は、田圃全体としてしかの報告しかなく、今一つ不明です。
 チェーン除草するにあたっては、除草具事態の構造が課題です。引っ張るチェーンの長さ、間隔、サイズ、付け方等々色々と検討が必要です。除草の原理は、チェーンで雑草の芽の部分を引き抜いたり、土の部分をかき混ぜて、浮き上がらせるだけのことですが、稲の苗の上から行いますから、苗が抜けないようにすることも重要です。又抜いたり、浮かせたりした雑草が、チェーンに引っかからないことも重要です。原理からして、チェーンは引っ張る範囲全体に有ることが必要で、チェーン間隔を開いてしまったのでは、効果は減ってしまします。

車のタイヤチェーン 左は車のタイヤチェーンを分解した物です。上側が円周方向に巻き付ける部分で、普通のチェーン、下側がタイヤに巻き付けられる部分で、地面を引っ掻くように短い横バーが溶接してあります。効果としては下側の方が良いと思われますが、横バーの部分に雑草が引っかかりそうです。そこで上側の普通のチェーンの部分を塚ことにします。チェーンのリンク単体では、線径が5.5mm、長辺が45.5mm、短辺が20.5mm有ります。長さはあとで多少の調整が効きますから、6個のリンクを使うことにします。これで長さは210mm程となります。ミニエースのかき回しを行わない部分は真ん中が165mm、両サイドが135mm程度です。

 ミニエースは2条用で、土をかき回すかご車のピッチは315mmと、苗の植え付け間隔300mmより広くなっています。これは設計上の妥協の結果でしょうが、あまり良いとことではありません。チェーン単体のリンクの幅が、20.5mmですから、かご車の間の部分には8本のチェーン、両サイドには6ないし7本のチェーンが必要になりそうです。
 一番の問題点はチェーンをどこに付けるかです。二条用ですから、真ん中の部分は常に必要となりますが、両サイドは片側だけで良いことになります。そして行き返りするたびにチェーンを入れ替えることが必要になります。さもないと両サイドは行き返り2度、それも双方向からチェーンを引っ張ることになります。ただ除草機にとっては、左右で負荷がアンバランスになり、操作が面倒になりそうです。この辺りは実際にやってみないと分からない点が多く、最終的な結論は作業してみてからになります。
 まずはタイヤチェーンをディスクサンダーで結合の部分を外し、材料作りです。

  • 3月9日

 チェーンはある程度の長さなら絡まない。除草の原理は。

 今考えているチェーンは、6リンクの長さをです。この長さだと、チェーン自身は決して絡みません。でも取り付ける部分に長いワイヤー等を使うと、絡む可能性が出てきます。チェーンで除草できる原理は、柔らかい土の中、あるいは上で、発芽した若い雑草を掻き出し、水に浮かべることの様です。従って土が硬かったり、根っこが硬い土の中に有ったりすると、除草は出来ません。田植えは2回程の代かきを行って、土が多少落ち着いた状態で行います。代かきで土の表面には、柔らかな土の層が出来、田植えはその多少下の層に行われると思います。植え付ける苗の根っこがしっかりしていて、ある程度の深さに植え付けられれば、チェーンで上の部分を撫ぜられたり、多少表面の土をかき回されたりしても、多少横に倒れることは有っても、抜けることは無いのでしょう。そのように考えると、代かきをどのように行うか、課題です。
 水田中耕除草機ミニエースは、籠車で土をかきますことで、その部分の雑草を浮き上がらせたり、土の中に練りこんだりし、更に水を濁らせて発芽を抑えたりすると思われます。これと同じ効果をチェーン除草具に求めることは無理な感じです。でも畝間が除草されていれば、株間はある程度の除草で良いのかも知れません。効果を信じて行うしかないでしょう。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9026)


Counter: 1586, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional