温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

発言/2011-01-14

今の日本にとって一番重要なことは何なのか。

  • 01月14日

          前に戻る     次へ進む

 管第二次改造内閣が発足。でも一番重要と思われる事への取り組みは?

 今回の改造の目玉は、与謝野経済財政担当相だけか。今日本にとって一番重要なことは少子高齢化で、この事にストップを掛け、そうならない様にする事がどうしても必要なはず。経済の問題も、財政の問題も全てがこの事の改善無しに、先は見えない。与謝野さんが少子化対策を兼務するとの事であるが、その事自体は間違っていないと思う。少子化対策の始めの一歩は、若い人達が安心して、希望をもって結婚しよう、そして子供育てようという気持ちになること。しかし現実は厳しく、若い人たちはなかなか結婚しようとせず、子供を育てようとはあまり思っていない。若い人達がその気になれるように、大胆にお金を使う事が必要で、子供手当て等どうでも良い。その為には年寄りに使うお金を、カットしてでも行なうべきだと思う。年寄りにこれからお金をつぎ込んでも、日本の将来の為には何にもならない。介護しかり、健康保険しかりである。場合によっては年金も。具体的にどうすれば良いのか、年寄り連中が話しあっても何も出ない、若い人達に話し合わせるべき事と思う。あらゆるしがらみに縛られないで。
 
          前に戻る     次へ進む

認証コード(3655)


Counter: 1908, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional