温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

お堂横畑-8。

  • 11月15日

          前に戻る     次へ進む

  お堂横畑-8。

 ライ麦、大麦、ユキチカラ播種。

 久しぶりのページ更新です。3ヶ月ぶりになります。お堂横畑では、落花生の収穫が終わり、そら豆、グリーンピースの播種が終わっています。そして今日麦類の播種を行っています。
 お堂横畑は元々田圃で、土質が粘土で、落花生には向いていません。おまけに隣のお堂にはハクビシンが住み着いているいるようで、電気柵を設置しても、その隙間から侵入して、落花生を食い荒らし、収穫は散々な目にあっています。来年用の種がやっと確保できた程度です。そら豆も播種したタイミング悪く、発芽率がかなり悪い状態になってしまいました。グリーンピースは2回播種したのですが、まだ発芽していません。どうなることやら。
 そして今日麦類の播種を行っています。ライ麦、大麦、ユキチカラを撒いていますが、ライ麦、大麦に関しては今年収穫した種かどうか分からないものを播種しています。発芽の状態を見て初めて分かるような状態です。

麦播種後のお堂横畑 麦類播種後のお堂横畑の状態です。右側にそら豆の畝が見えますが、苗の出方がまばらです。本当は中力粉の農林61号も播種したかったのですが、種がなくて諦めています。麦類の播種は大体60cm間隔で、ライ麦8畝、大麦8畝、ユキチカラ12畝ほど行っています。でも種が何時のものか分からないので、どの程度発芽するか分かりません。ユキチカラ、ライ麦は一応粉にするつもりですが、大麦は緑肥のつもりで播種しています。果たしてどの程度発芽するか、楽しみです。播種の仕方が悪くて、発芽しないことも考えられます。

 写真の右の方に見えるそら豆の畝、大分雑草が目立ってきています。一度除草することが必要かも。グリーンピースが発芽してからですね。
 他の畑はどうなっているか、公園横畑はもうすぐ大豆の収穫時期になります。ハウスには乾燥用のハザがすでに用意してあります。どの程度の収量になるか、楽しみです。
 大塚の畑は今年はまともに使えていません。先日エゴマの収穫時期を過ぎてしまったものをトラクターですき込んでいます。来年の落花生のために、近く大麦でも緑肥用に播種しようかと思っています。ここはいつも雑草に悩まされます。そのためにも大麦を、畝間を狭くして播種する必要があるかも。ただ発芽するかどうか分かりまえんが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(2320)


Counter: 50, today: 3, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional