温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2019-08-02

大塚の畑-8。

  • 8月2日

          前に戻る     次へ進む

 アオバツ大豆、鳥にやられた新芽の脇から、二本の新芽。

 大塚の畑の新芽を鳥にやられてしまったアオバツ大豆、予想通り脇から二本の新芽が出てきました。でもこのところの暑さと、雨の無さで、株自体はギリギリの状態です。早く雨が欲しいです。

脇から二本の新芽大塚の畑のアオバツ大豆公園横畑のアオバツ大豆 左が二本の脇芽が出てきた大塚の畑のアオバツ大豆です。真ん中が大塚の畑の、右が公園横畑のアオバツ大豆の畝です。いずれも水が足らなくて、ギリギリの状態にように見えます。

 以前大豆の苗を作っていた時、新芽をわざと切って、脇から二本の新芽を出すことをやっていました。それと同じことが、鳥に新芽をやられて、再現の感じです。でも株自体は弱々しい感じです。株はまだ枯れるところまでは行っていませんが、土にひび割れが出来、本当に雨が欲しい状況です。雨が無いために公園横畑に追加播種した種は未だ発芽の様子が有りません。大丈夫なのでしょうか。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3085)


Counter: 31, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional