温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2018-12-01

ソラマメの栽培-5。

  • 12月1日

          前に戻る     次へ進む   

 そら豆、グリーンピース、スナップエンドウは順調に。

 打越一寸の発芽の悪さは別にして、全般的には順調な感じで生育しています。打越一寸も追加播種したものの発芽も見られ、多少欠株も解消されそうです。
 畝間に播種したライ麦も、順調にはt宇迦している様子です。

そら豆の様子 左が全体の様子で、一番右側の畝がグリーンピースです。畝間に播種したライ麦の発芽した列がよく見えます。グリーンピースとスナップえんどうには、蔓を巻き付かせるネットなどの設置が必要になるかと思います。でもそら豆の手入れはほぼ終わりで、後は来春の芽かきを待つだけの感じです。その前にライ麦があまり大きくなりすぎた場合のカットは必要かもしれません。ライ麦がうまいこと、アブラムシなどを防いでくれると良いのですが。アブラムシは不思議と北側の株から着き始めますから、そこだけは十分に注意が必要になりす。

 他の畑では、お堂横畑と、大塚の畑で、大豆がそろそろ収穫時期を迎えます。今年は特に大豆の株を倒したりする被害、カメムシの被害、も無かったので、かなりの収穫が望めるのかと思っています。後は庭の畑と下の畑で、らっきょう、にんにく、人参、玉ねぎ、キャベツ、ネギ、生姜、サツマイモ、が育っています。生姜は昨日から収穫して、籾殻にくるんで小屋裏で保存、サツマイモもそろそろ収穫です。
 今年の畑仕事もそろそろ終わりです。来年はどこへ何を作付けるか、いろいろと悩んでいます。一番の課題はに年連続して失敗した落花生です。そして台風の塩害でやられてしまったエゴマです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7802)


Counter: 22, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional