温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

落花生の栽培ー1。

  • 5月15日

          前に戻る     次へ進む

 今年も少し遅くなりましたが、大塚の畑で、落花生の播種を行いました。

 去年は雑草の管理に失敗して収穫が大幅に少なくなった落花生、今年も飽きずに又栽培します。品種は今までと同じく、郷の香、千葉半立ち、オオマサリの3品種です。落花生の栽培予定地には春までに山の落ち葉をかなり大量に入れています。更に余計なことに籾殻まで鋤き込んで有ります。その為肥料気として醗酵鶏糞、硫安、等を入れ、更に苦土石灰を鋤き込み済です。畝は最初は畝間を広くして12畝程作りましたが、広すぎて、畝間を狭めて、ちょっと多すぎますが、20畝作ることになりました。

オオマサリの播種区域郷の香,千葉半立ちの播種区域 左がオオマサリの播種区域で11.5畝、右が郷の香1.5畝、千葉半立ち7畝、合計8.5畝の区域です。畝の上には鳥対策のキラキラテープを張ってあります。一昨日30mm程度の雨が降りましたから、土は多少湿った状態です。畝間は1m程度取って有り、一応畝間に耕運機を入れられるようにはしてあります。播種は一か所一粒ですから、株抜けが出ることも有ります。

 来週の日曜日には又雨が降りそうですから、それまでには発芽して欲しいですが、水気が足りないかも知れまん。株間は千葉半立ちと、郷の香が40cm、オオマサリが60cmとやや狭めです。あまり広くすると雑草の管理が大変になると思い、この幅にしました。
 畑の周りには電気柵が張ってありますが、今まで電源は繋げて無く、畑には猪等が入りたい放題でした。落花生を播種したのを機に、電気柵周りの雑草を刈り取り、電源を設置しました。これで猪などはシンニュしなくなるかと思っています。問題はハクビシン対策を行うかどうかです。電気柵を4綯いし5段にして、防ぐのですが。周りの畑では落花生をハクビシン対策なして作っている所も有ります。まあ必要になるのは落花生の実が有る程度大きくなってからですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7956)


Counter: 161, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional