温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

大塚の畑-2。

  • 3月04日

          前に戻る     次へ進む

 春蒔き蕎麦の播種。

 今年は蕎麦の栽培を行うことにしています。栽培は良いのですが、問題は食べられるようにするまでの方かと思います。昔一度作ったことは有りますが、まともに粉にした覚えがありません。一応製粉機は有るし、小さな石臼も有りますから、そのつもりになれば粉には出来るかと思います。と言うことで早速春蒔き蕎麦を播種することにしました。品種はキタワセで、種は1Kg用意しました。播種量は4-5Kg/反と有りますから、大塚の畑の昨年大豆を作った場所が良いかと。

大豆跡地北側道添 左が大豆跡地、そして右が一番北側の道添で、ここに播種しています。北側の道添には種が余ってしまった為に追加で播種した所です。これで上手く行けば6月には収穫出来るかも知れません。上手く行けば秋蕎麦も作る予定で、それは御堂横畑のソラマメの跡地にしようかと思っています。播種はしたものの、この所雨が降りやすく、種が流れてしまうことが多少心配です。

 播種は畝間隔30~40cm、株間26cmで行っています。でま一か所に3~4粒蒔かれますから、最終的にどうなるか分かりません。播種の直前に耕運機で耕起を行っていますから、雑草の問題は余り無いかと思っています。
 これで大塚の畑には、ジャガイモ、春蒔き蕎麦を、そしてニンニクとラッキョウが昨年植え付けてありますから、後は落花生、サツマイモ、カボチャ辺りになります。北側の道添にはサツマイモ植え付ける予定でしたが、蕎麦で使っていしまいましたから、もう少し南側に作ることになりそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1129)


Counter: 164, today: 1, yesterday: 4

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional