温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

大塚の畑-1。

  • 2月23日

          前に戻る     次へ進む

 ジャガイモの植付。

 昨日多少雨が降り、畑の土は湿っています。でもこれからの予定が有りますので、今日は早速ジャガイモの植付を行いました。場所的には大塚の畑の真ん中辺りで、今年落花生と大豆を栽培する真ん中辺りになります。

ジャガイモを植え付けた畝 ジャガイモはメイクイーン21株、男爵60株程です。メイクイーンと男爵の20株は種イモ小さい為、カットせずにそのまま植え付けています。男爵の残り40株程は、事前にカットして、カット面を日に当てて乾燥させてあります。ジャガイモは以前ここ大塚の畑で栽培したことがありますが、かなり虫にやられてしまった覚えがあります。果たして今年はどうなるか。植え付け間隔は50cm程度で、種イモの間には、醗酵鶏糞一握り、化成肥料少々が入れて有ります。更に一月ほど前には苦土石灰を散布して、トラクターで耕起してあります。

 サツマイモ予定地の整備。

 5月にはここにサツマイモを作る予定です。そこで今日はその準備として、苦土石灰、醗酵鶏糞を散布し、耕運機で耕起しています。

サツマイモ栽培予定地 場所は大塚の畑の一番北側道添です。ここでは今までポップコーンしか作ったことが無い所で、その一部は廃材置き場として使っていた場所です。そして一月ほど前には一度苦土石灰を散布してトラクターで耕起しています。大雨が降り、道の反対側の平久里川が氾濫すると、直ぐに水を被ってしまいます。去年一度水を被っています。収穫までに大雨が降らない事を祈ります。写真で見て分かる様に手前側は何か雑物がかなり紛れ込んでいる様で、これが廃材の片割れかと思います。基本的はかなり腐熟していますから、多少に肥料不足になる程度かと。

 サツマイモは毎年自分の所で芽出しをして、苗を作っています。品種は今の所安納芋だけですが、もう少し増やしても以下と思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0324)


Counter: 173, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional