温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2017-04-30

落花生の栽培-1。

  • 4月30日

          前に戻る     次へ進む

 落花生の栽培の時期が近づいて来ました。

 明日から5月になります。そして落花生の栽培が始まります。今日は栽培予定地の大塚の畑の南側に畝間隔1.1mで17本の畝を作っています。ここは昨年エゴマの栽培を行った場所で、エゴマ収穫後、何回か耕起したり、醗酵鶏糞、米糠、を鋤き込んだ入りしていて、昨日苦土石灰を60Kg程鋤き込んだばかりです。

落花生栽培予定地畝。 左が大塚の畑に作った落花生用の畝で、エゴマよりは少し広くしてあります。畝間の雑草を耕運機で取り除く為です。エゴマは株があまり拡がりませんが、落花生はかなり拡がるために、この幅にしてあります。特にオオマサリは非常に大きく広がりますから、これでも狭い位になります。栽培するのは、千葉半立ち、オオマサリ、春の香、の3品種です。春の香は近所の人に少し分けてもらった物で、今年初めての栽培になります。オオマサリはその多くが販売用、千葉半立ちは自家消費用です。春の香は種取り用になるかと思っています。

 昨年は落花生が大変な不作で、オオマサリに至っては種用しか収穫出来なかった状態でした。理由は良く分かりませんが、周りの落花生も非常な不作でした。今年はどうなるか分かりませんが、先ずはハクビシン、鳥対策は打ちたいと思っています。大塚の畑には猪用の電気柵は張ってありますが、ハクビシン用は未だで、近い内に張ることを考えています。ハクビシン用の電気柵を張ってしまうと、草刈が大変になりますから、その対策も必要です。下準備として、柵を張る下地には一応耕運機を入念に走らせています。
 後問題は一番下のラインにワイヤーを走らせるかどうかです。これをやるとほんとに草刈が大変になってしまいます。

  • 5月1日

 落花生の栽培区域を囲むように、ハクビシン対策用電気柵の角杭を設置。

 昨日作った落花生用の畝の補修を行うと同時に、電気柵をハクビシン対策用にするために、角杭を変更して、途中のガイドポールも変更しました。

ハクビシン対策用電気柵の角杭設置 落花生栽培区域の北西角地に設置したハクビシン対策用の電気柵角杭です。電線は5本設置可能で、更にその下にアース線を設置することも出来ます。電線の最終的構成をどうするか、未だ決めていません。電柵の下は耕運機で丹念に耕起していますので、柔らかになって居ます。今の所雑草の気は見られません。一番下の電線を設置し、更にその下にアース線を設置すると、完全ですが、管理が非常に大変になります。刈払機は本当に注意しながらでないと、使用は出来ません。アース線は使わない方が楽なのですが。多分そうなるかと思ってはいるのですが。

 落花生は直播と、欠株対応の苗作りが必要になります。苗の方が生育が早いので、畑に種を直播した後に、ポットで苗作りを始めることになります。

  • 5月4日

 落花生の播種準備と、電気柵のハクビシン対策5段化。

 そろそろ落花生の播種時期になりましたから、播種の準備を開始です。

電気柵の5段化と播種時鳥対策 猪対策の2段電気柵から、ハクビシン対策の5段電気柵に変更された、落花生植え付け区域。そして畝の上には鳥対策のキラキラテープを張っています。電気柵は単に5段にするだけではなく、電源の方も強化する予定です。5段の電気柵の更に下にはアース線を引くのが良いのですが、雑草の刈り取りに相当邪魔に尾なりますから、これは削除の予定です。
 播種は一か所一粒撒きですから、欠株がかなり出そうなため、苗も並行して作る予定で、その準備も始まっています。

 こちらでは6日から7日に掛けて多少雨が降りそうなので、明日5日に播種が出来れば良いのですが、悪くても5日は蒔きたいものです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8455)


Counter: 286, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional