温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2016-11-09

ソラマメの栽培ー1。

  • 11月9日

          前に戻る     次へ進む

 今年もソラマメの栽培が始まっています。

 前前回は下の畑で、そして前回は公園横畑で栽培したソラマメ、今年は御堂横畑での栽培です。昨年と同様に、10月28日育苗ポットに播種をしています。品種は一寸ソラマメと、打越一寸です。基本的には一寸ソラマメですが、粒揃いが良いと言うことで、打越一寸を加えています。今回も播種した種は、何れも自家採種のもです。周りの人達の話しでは、自家採種では豆が年々小さくなってしまうとのことですが、前回まではそのような現象は無いようです。自家採種の種による栽培は、今年で3年目になります。

ソラマメ栽培予定地の御堂横畑合計156ポットで育苗です一寸ソラマメの状態打越一寸の状態です
 ソラマメの栽培予定地、御堂横畑です。 ハウスの中で育苗する156ポットです。 今日の一寸ソラマメの様子です。 今日の打越一寸の様子です。

 御堂横畑の畝の長さは大体30m有ります。畝数は直播用に1畝、苗の植付用に4畝有ります。畝間は110cm程取って有り、除草に耕運機が入れられる様にしてあります。株間は80cm程度になるかと思いますが、最終的には畑の様子を見て決めます。
 苗の生育の状態はほぼ昨年と同様かと思います。その中でも打越一寸の方が多少発芽が早い感じです。育苗ポットは打越一寸が36ポット、一寸ソラマメが120ポットです。100%発芽する訳ではありませんから、苗の数はこれより少し少なくなります。
 御堂横畑は元は田圃ですから、夏場なら水は自由に使えますが、今は使えません。従って苗の植付時期はお天気にかなり左右されそうです。今の所昨年と同じ11月16日に移植を考えていますが、果たしてどうなるか。畑にはもう一度耕運機か、トラクターを入れて、少しでも雑草を抑える様にしたいと思っています。

  • 11月12日

 今年も発芽率は100%近い感じです。

 10月28日播種して、15日一寸ソラマメも殆ど発芽してきました。昨年同様にほぼ100%の発芽率が確保出そうです。

一寸ソラマメ打越一寸 左が一寸ソラマメ、そして右が打越一寸空豆です。未だ目の見えないものでも、種の周りが膨らみ始めていて、ほぼ100%の発芽率が望めそうです。播種してから良くない天気が続いていましたから、去年よりは生育が少し遅れている感じです。でもこれからは比較的良い天気が続きそうで、生育も順調になるかと思います。最初に発芽した打越一寸に、遅れて発芽して来たものが追い付きそうです。未だ芽を見せていない一寸ソラマメも、生育は揃ってくるかと思います。

 畑の方の直播の種の様子は未だ見ていませんが、そろそろ発芽して来るかと思います。ソラマメと一緒にグリーンピース、スナップエンドウ、絹さやえんどうも播種していますが、こちらもそろそろ発芽しているものと思います。ソラマメは移植前に一度畑を耕起する必要が有りそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5645)


Counter: 249, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional