温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2016-07-25

 エゴマの栽培-2。

  • 7月25「日

          前に戻る     次へ進む

 エゴマは今の所順調です。でも畝間には雑草の芽がかなり生え始めています。

 土寄せをして以来、雨がかなり降り、畝間には水が溜まて、流れた跡が残っています。でもエゴマはきちんと活着して、大きくなって来ています。

大塚のエゴマの様子 今朝のエゴマの様子です。茎もしっかりして、真っ直ぐに力強く伸びて来ています。株間が少し狭いかと思っていますが、現状では特に問題は無さそうです。もう少し大きうなって来ると、込みすぎて間引きせざるを得なくなるかもしれません。本当はもう少し前に間引きすべきなのですが。畝間は一軒きれいに見えますが、良く見ると雑草の芽がかなり生えて来ていて、近い内に土寄せ、除草を行うことになるかと思っています。耕運機は現状内盛にナタ爪が設定されていますが、近く大豆の土寄せを行う予定で、外盛に変更を近く行う予定です。大塚の畑の土は最近の雨で、未だかなり湿っていいて、明日からも雨が降る予報ですので、その後に耕運機を入れる事に。

 エゴマは基本的には手のかからない作物で、ここまで来れば、後は雑草への注意と、過繁茂に注意を払う程度です。一番の問題はやはり何時収穫を行うかです。毎年収穫が遅れてしまい、種を相当地面に落としてしまい、収穫量が減ると同時に、次の年に大量のエゴマの芽に悩まさせられることになります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8044)


Counter: 329, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional