温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2016-07-08

 落花生の栽培-2。

  • 7月8日

          前に戻る     次へ進む

 千葉半立ちは大分大きくなり、一部花が咲き始めています。

 雨が少ない性か、或は土が合わない性か、落花生はなかなか大きくなってくれません。オオマサリはばらばらに置いて置くわけには行かず、一か所にまとめていますが、こちらも葉色が薄く、今一つ元気が有りません。

千葉半立ちの畝千葉半立ちの花 左が千葉半立ちの畝10本と、左にちょっとオオマサリの株が見えます。右はちらほらと咲きだした千葉半立ちの花です。落花生は昨年大塚の畑で作りました。生育の具合は、昨年よりやや遅れている感じでは無いかと思います。ただ今年は今のところ雨が少ないので、その分生育が遅れているとも言えそうです。畝には雑草が全く無いように見えますが、未だかなりの雑草が有り、近い内に取り除く事が必要です。

 7月20日頃になれば、昨年との比較がきちんとできるかと思います。今年は既に畝間に苦土石灰を散布していますから、後はどのタイミングで土を寄せるかです。20日過ぎになるかと思っていますが、これもお天気次第です。

  • 7月12日

 落花生の畝、中耕、土寄せの実施。

 雨が降り、土が固まり始めましたので畝間を耕運機で、中耕、土寄せを行っています。

中耕、土寄せ後の落花生の畝 中耕、土寄せ後の落花生の畝で、耕運機は一番外側のナタ爪だけを内盛にセットし、後は外盛にセットしています。その為もう一つ土寄せの状態が良くありません。畝間を後20cm程開いて、十分に土寄せが出来るようにすべきでした。それにしても改めて、いると欠株が目立ちます。今年は苗も作って居ませんから、どうにもしようが有りません。落花生は本来大塚の畑で作るべきだと思っていますが、連作障害云々で、今年は未だ無理と判断して、御堂横畑で作っていますが、来年からは又大塚の畑で作ろうかと思っています。ただ前の出来としては御堂横畑の方が良い感じがしていますから、何らかの対策は必要かと思います。

 中耕、土寄せに先立ち、株まわりの雑草も取り除いていますから、これから暫くは様子見です。土寄せで株を少しいじめてしまいましたから、これから少し雨が欲しいところです。でも来週まで降りそうに有りません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3306)


Counter: 363, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional