温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-11-23

 大豆の栽培-9。

  • 11月23日

          前に戻る     次へ進む

 大豆の収穫まであと少し。

 今夜から雨が降るとのことで、大豆の収穫をしようかと、御堂横畑の畑の大豆の刈り取りを始めたのですが、未だ早いと判断して、途中で中止です。収穫後の乾燥は、ハウスにハザを作って、そこにぶら下げて行うことにしましたので、朝一から青竹を切ってハザ作りです。

御堂横畑のアオバツ大豆大塚の畑のアオバツ大豆御堂横畑の挿し木アオバツ大豆 左から御堂横畑のアオバツ大豆、真ん中が大塚の畑のアオバツ大豆、そして右が御堂横畑の挿し木苗のアオバツ大豆の様子です。大塚の畑の方が遅れていて、更に挿し木苗の物が一番遅れています。

 御堂横畑のアオバツ大豆が、一番進んでいるのですが、それでも未だ株に緑色の葉っぱが見られます。大塚の畑の大豆は、雑草に囲まれていて、更に緑色の葉っぱが目立ちます。種まきの時期は一緒ですが、これだけ生育(成熟)に差が出来ています。御堂横畑のアオバツ大豆の収穫は早くて来週になりそうです。

ハウスに作ったハザ試し取りした御堂横畑のアオバツ大豆 左がハウス内に作ったハザ、そして右が試し採りしたアオバツ大豆の様子です。ハザはつい最近切り出した青竹を使っています。右の写真で分かるように、収穫した大豆には未だ鞘が緑色をしているものが見られます。乾燥した鞘を割ってみると、ほぼ丸になった大豆が見ますが、緑色の鞘の中には、まだ楕円形の大きな大豆が有ります。緑色の鞘の大豆も、これから成長することは灰でしょうから、収穫して問題は無いかと思いますが、せっかくですから、畑で乾燥です。

 大豆の収穫は、根っこ毎引き抜くのが普通の様ですが、根っこは畑に残したいので、茎の部分で切り取る様にして収穫です。そして乾燥、脱穀後、茎の部分も畑に戻す予定です。
 ハウスのハザは3列作ってあります。昨年は乾燥の為に大型の扇風機を使っていますので、多分今年もその必要が有るかと思います。その為真ん中のハザは短くして、手前を開ける形にしています。手前左側に見えるのは、シイタケの芽出しようのシートで、大豆の収穫前にはハウスから出すことになります。

  • 11月27日

 御堂横畑のアオバツ大豆を収穫しました。

 御堂横畑のアオバツ大豆、未だ鞘が緑の物も多少目に付きますが、かなりの株が収穫適期になった感じで、一部では鞘がはじけて、豆が飛び出してしまう状態になって居ます。そこで今日は風の収まって来た午後、一気に収穫を行っています。

有り取り途中の畑大豆刈り取り後の畑刈り取り後ハウスで乾燥 左は刈り取り途中の畑の様子で、手前の方は殆ど刈り終わっています。真ん中は収穫後の畑で、雑草がかなり目立ちます。右はハウスでハザに掛けて乾燥を始めた所です。遅くなって周りは暗くなっています。

 刈り取っている最中に鞘がはじけて、豆が飛び出してしまう物、未だ鞘が十分に枯れていない物、色々な状態の物が混ざっています。ハウスの中に作ってハザは長さが大体8mで、このハザを一本半使っています。かなり密着して干していますから、上手く乾燥するか多少気になります。ハウス内の空気を廻すために、今年も大型扇風機を入れることになるかと思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4949)


Counter: 565, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional