温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-10-18

 エゴマの栽培-6。

  • 10月18日

          前に戻る     次へ進む

 公園横畑、御堂横畑のエゴマ刈り取り完了。

 田圃の仕事や、落花生の出荷やらでなかなか取り掛かれなかったエゴマの刈り取り、やっと完了です。い週間ほど前には刈り取り後の乾燥用に竹で支えを作っておいたので、今日は刈払機でエゴマを根元から切り倒し、後は作って有った支えに立てかけるだけです。でも作業にはかなりの時間が掛かってしまいました。

御堂横畑エゴマの刈り取り前御堂横畑エゴマの刈り取り後 左は御堂横畑の刈り取り前のエゴマです。一応黒エゴマのつもりでしたが、今年も白エゴマが相当に混ざっています。右は刈り取り後、支えに掛けたエゴマです。刈り取りは一週間以上遅すぎの感じです。刈り取った株を運ぶ度に、<エゴマがバラバラと地面に落ちるのが分かります。白エゴは良く分かりますが、黒エゴマは落ちても良く分かりません。刈り取り後1週間程天日乾燥させて、後は脱穀を行う予定です。

 天気予報ではこれから一週間程は雨が降らない様ですが、果たしてどうなるか。エゴマは脱穀後、水洗いして、乾燥しトーミに掛けて一次選別を行う予定です。その後更に乾燥を行い、更にトーミ掛けになるかと思います。
 

公園横畑エゴマの刈り取り前公園横畑エゴマの刈り取り後 左が刈り取り前の公園横畑のエゴマです。こちらも収穫適期をかなり過ぎた感じです。一部枯れている株も有り、余計にそのことを感じます。こちらは一部連作になってしまったので、その性も有っての事かも知れません。エゴマに連作障害が有るかどうかは分かりませんが。ひょっとすると枯れたように見えるのは、成りすぎなのかも知れませんが。来年以降は注意して、作付場所を決めたいと思っています。何年も開けるわけには行きませんが。

 今年は本当は公園横畑で作る予定は無かったのですが、大塚の畑でエゴマの苗作りに失敗して、仕方なく公園横畑で作ったという経緯があります。
 苗作りは御堂横畑でも失敗しています。何れも雑草にやられてしまっての事です。苗を上手く作らない限り、白と黒は混ざってしまいます。苗は出来るだけ作付場所の近くで作りたいのですが、なかなか目が届かず、どうしても雑草にやられがちになってしまいます。周りに雑草の多いことも原因の一つですが。何回も良く耕起して、トンネル栽培でもしないと駄目かも知れません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1544)


Counter: 709, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional