温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-07-20

 落花生の栽培-3。

  • 7月20日

          前に戻る     次へ進む

 今年の落花生は疎栽培になってしまった。

 今年の落花生は、鳥?に種を食い荒らされ、雑草に痛めつけられ、さんざんです。3日程前から、畝の除草、畝間の除草、を鎌や鍬を使って行っていて、今日やっと最終的な手入れが終わっています。一番きついのは暑さです。20分置きに水を取りながら、悪戦苦闘です。
 今日は畝の株間に発酵鶏糞を少し撒き、畝間に苦土石灰を合計40Kg散布して、その後、耕運機の爪配置を外盛に変更し、更に一番外側の爪を外して耕起、土盛を行っています。畝間が少し狭めになって居て、外盛で一番外側の爪を付けてしまうと、株を痛めてしまう恐れが有るためです。

苦土石灰を散布し耕起途中のオオマサリの区域苦土石灰を散布した千葉半立ちの区域土寄せ後の落花生栽培区域 左から苦土石灰を散布し、耕運機で土寄せ中のオオマサリの区域、苦土石灰を散布した千葉半立ちの区域、そして土寄せ後の落花生栽培地全体です。鳥にやられなければ、この倍以上の密度になったと思いますが。

 大塚の畑でもアオバツ大豆を栽培していますが、鳥よけに播種後キラキラテープを張っています。ネットで調べて見ると、種を木酢液で匂付けを行い、乾燥して播種すると有ります。木酢の濃度をどの程度にするかですが、匂い付けの為だけなら100倍に薄める程度でも良いかと思います。もう少し濃くても問題は無いかと。キラキラテープは確かに効果が有りますが、長い距離に使うと、テープがせっかく発芽した芽に引っかかり、折ってしまう可能性が有ります。来年以降は種を木酢希釈液に浸けて、乾燥後使ってみたいと思っています。
 落花生の株には、既に花が付きだしています。ちょっと早過ぎの感じはしますが、本番はこれからです。それに合わせて土盛を行っています。播種前にも苦土石灰を鋤き込んでいますが、追加の形で今日も畝間に散布しています。葉を見る限り、肥料気は足りていると思いますが、おまけの様な形で、発酵鶏糞を10Kg程散布しています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3496)


Counter: 902, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional