温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-07-13

 大豆の栽培-3。

  • 7月13日

          前に戻る     次へ進む

 御堂横畑に12畝アオバツ大豆を播種。

 なかなか大豆の直播のタイミングが取れませんでしたが、何とか今日御堂横畑に播種を行いました。雨続きで畑にトラクターが入れる事が出来ず、どうにもしようがなかったのですが、本当にぎりぎり昨日トラクターで耕起を行い、更に今朝耕運機で耕起して、下地を作りました。大塚の畑も同様にトラクターと耕運機を入れていますが、播種までには至っていません。

アオバツ大豆を12畝播種した御堂横畑トラクターで耕起し、更に耕運機を入れた大塚の畑 左は畝間110cmでアオバツ大豆を12畝播種した御堂横畑です。右は後は播種を待つまでにした大塚の畑です。どちらの畑も土はごろごろの状態で、普通ではとても播種できる状態ではありません。16日からは台風11号の影響で雨が予報されていますので、このタイミングを逃すと、播種がますます厳しくなりそうです。御堂横では6畝に株間18cm,更に6畝に株間36cm、合計12畝播種です。そして播種後取り対策のキラキラテープを張っています。

 播種の深さは設定を35mm程度にしています。ごろごろの土ですから、有効深さはこの値より少なくなっていると思います。木曜日以降の雨で、果たしてうまく発芽してくれるか、非常に気になります。畝間を110cmにしたには、耕運機のナタ爪を外盛状態にした時、耕運幅は概略70cm弱になります。畝間に耕運機を外盛で入れると、畝の部分には40cm程度の耕運しない部分が出来、その部分に土を盛り上げることが出来るようになります。そのことを狙っての畝幅になっています。
 大豆は毎年カメムシにやられます。これを防ぐにはどうしたら良いのか、大きな課題です。アブラムシにはライ麦が有効であることは分かっています。大麦は今頃播種すると、発芽してある程度大きくなり、枯れてしまいます。ライムギはどうなんだろうか。色々と試してみようかと思っています。

 一方断根、芽切り、挿し木用の苗に関しては、今緑化後、覆土して、その覆土から芽が出始めている状態です。そろそろこちらの状態にも注意が必要な状況です。

  • 7月14日

 大塚の畑に短い畝を含めて12畝アオバツ大豆を播種。

 昨日に引き続き今日は大塚の畑にアオバツ大豆の播種です。

大塚の畑にアオバツ大豆播種根切、芽切の苗 大塚の畑の土は基本的に肥えています。そこで畝間隔は御堂横畑と同じ、110cm、でも株間隔は14cmとぎりぎり狭くしています。昨年試しに作った感じでは、大きな株になってしまい、実は殆ど付きませんでした。そこで今年は実験的に株間を詰めての試験栽培です。ここは種をついばむ鳥が多いので、その対策は欠かせません。そこでキラキラテープが無くなってしまい、スズランテープを代わりに使っています。

 根切、芽切、挿し木用の苗はそろそろ挿し木が可能になり始めています。今まではハウスの中で育てて来ていますが、これからは外にになるかと思っています。

  • 7月15日

 アオバツ大豆の根切、芽切、挿し木開始。

 ハウスに置いてある挿し木用の苗が、挿し木可能な状態になり始めましたので、早速挿し木開始です。

挿し木用苗床挿し木し日陰に 左が挿し木用の苗箱です。稲の苗箱に作った物も挿し木可能な状態になって、挿し木をしましたが、苗の出来はやはり土の深い、底に穴の多い箱に作った物の方が良いようです。挿し木はちょっと小さいかと思いましたが、とりあえず72個の連結ポットに行っています。様子を見ながら16個の連結ポットへ移動も考えます。使用した土は無肥料の物では無く、肥料入りの培土です。ここで出来る苗は御堂横畑の方に移植を予定しています。

 今日までは暑ささが続き、明日からは台風11号の影響で、雨が降るとの予報です。今回だけはぜひ予報通りに行ってほしいものです。大豆が発芽するように。

  • 7月16日

 アオバツ大豆の根切、芽切、挿し木二箱完。

 昨日に引き続き、挿し木の実施です。

大豆の挿し木二箱目 72個の連結ポット二箱目です。良く見ると各々の箱で一か所づつ抜けています。追加で挿しました。
 カメムシ避けに何を使うか、木酢、ニームパウダー、ヒノキチオール、酢、色々と有りそうです。更にバンカープランとしてマリーゴールド辺りも考えられそうです。今回播種時の鳥対策としてキラキラテープを使いましたが、木酢も効果が有りそうです。ニームパウダーは基本形は肥料ですから、あまり使いたくない所ですが、挿し木苗に関しては使っても良いかと思います。マリーゴールドは播種時期が既に過ぎていますが、作付た場所の周りに播いても良いかと思っています。木酢、ヒノキチオールは何時でも使用可能かと思いますので、適宜の使用を考えたいと思います。

 昨夜から今朝にかけて期待通り雨が降ってくれました。未だ雨模様の天気が続きそうなので、大豆はうまいこと発芽してくれるかと思います。その後はまたまた好天続きになりそうで、上手いこと成長してくれればと願っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6603)


Counter: 819, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional