温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-07-08

 大豆の栽培-2。

  • 7月8日

          前に戻る     次へ進む

 断根、芽切、挿し木用に500粒播種。

 この所一週間以上続いている雨模様で、畑の作業は出来ていません。本来なら大豆様に畑をトラクターで耕起完了して、播種も完了している時期ですが。直播が遅れているからでは無いのですが、今日は挿し木の為の播種を行っています。処理は昨年と同様で、今年は500粒ほど播種しています。

大豆を水に浸して使う土はソルチ焼土で、無肥料一箱に140粒ほど播種覆土してたっぷり潅水
 時間的には短いですが、種になる大豆を水に浸します。 使用する培養土は無肥料のソルチ焼土です。 一箱に140粒ほど撒き、その上に防虫ネット。 更に培養土を覆土し、たっぷりと潅水です。

 今年は試しに稲の育苗箱を一箱使っています。稚苗様ですから、底の面の穴が少ないので、緑化の目安となる、発根がそこから観察できるかどうか。稲の育苗箱が使えるようであれば、来年からは全てこれを使う予定です。
 天気の方は明日も雨が降り、その後多少天気の良い状態が続くそうです。そこでトラクターを入れて、一気に播種のつもりです。挿し木苗は苗になるまでに時間がかかりますから、落ち着いて処理することにします。
 今迷っているは、株間をどの程度にするかです。ネット等で見てみると、10cm~20cm程度だそうで、今までの株間よりかなり狭いようです。株間を狭くすることで、一株当たりの栄養分が少なくなり、株があまり多きくならず、倒伏を防止するのかも知れません。今年は実験的に、播種機の設定の事も考え、14cmと27cmの二つの状態でやってみようと思います。これでも広すぎかも知れませんが。
 挿し木の苗は株間をかなり広く取れそうで、50cmとっても良さそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4934)


Counter: 903, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional