温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-06-29

 大豆の栽培-1。

  • 6月29日

          前に戻る     次へ進む

 大豆を何処で栽培するか。大塚の畑か、御堂横畑か。

 毎年御堂横畑で大豆を栽培していますが、今年はどうするか迷っています。と言うのは大塚の畑で栽培する予定であった白エゴマ、苗の都合と、雑草の問題で、栽培出来なくなってしまい、大塚の畑が夏場空いてしまうことになってしまいました。大塚の畑は昨年落花生を作付た場所で、この夏場空けておくのはもったいない話です。御堂横畑も、冬場小麦類を作付た場所で、このまま空けておくのはもったいないです。ただ
大塚の畑は、肥料気が多いと思われ、果たして大豆に会うかどうか、難しい所です。それに対して御堂横畑は、麦を作付収穫した後は、何も入れておらず、肥料気はかなり抜けているのではと思われます。その麦の生育もあまり良くなかったので、大豆栽培には向いている感じです。
 迷っていても仕方ないので、一応両方の畑で栽培してみることしました。本命は御堂横畑、大塚の畑は土壌改良を目的にしての栽培です。そこで雑草まみれの大塚の畑には、大量の籾殻燻炭を雑草とともに鋤き込むことにしました。

雑草だらけの大塚の畑籾殻燻炭を大量に用意トラクターで何度も耕起したエゴマ予定地だった場所 左は雑草まみれのエゴマ栽培予定地だったところ。真ん中は籾殻袋10袋分から作った籾殻燻炭。籾殻が湿っていて、作るのに2日間かかっています。そして右はトラクターで何回も耕起した後の畑です。

 大塚の畑の、白エゴマを栽培する予定だった場所は、色々な雑草が生えていて、簡単には鋤き込むことは出来ませんでした。籾殻燻炭を大量に撒いても、耕起後は全くその存在を確認出ませんでした。でもそれなりの効果はいずれ出て来ると思います。

エゴマだらけの御堂横畑 右は何もしない状態での御堂横畑の麦栽培跡地です。小麦を栽培する前、個々では黒エゴマを最愛しています。そして黒エゴマの収穫が遅れた事で、種が大量に落ち、それが発芽して、一面黒エゴマの林になってしまいました。こちらは大塚の畑とは異なり、籾殻燻炭は入れていません。トラクターでの耕起は一度だけでは終わりませんから、次回は苦土石灰を鋤き込もうかと思っています。
 今日は写真の部分を基本的に一回だけ耕起しています。近い内に又雨が降る予報ですから、その後でもう一度耕起する予定です。肥料気の多い所は遅く、肥料気の少ない所は早く播種した方が良いと言う話も有り、御堂横畑での播種を先行させたいと思っています。

 大豆は毎年大きくなりすぎて、倒れてしまっています。そこで今年は御堂横畑では肥料気の少ない所で、平畝での栽培を行う予定です。そして大豆の成長に合わせて土を寄せて、倒れを何とか抑えようかと思っています。
 大豆の大敵はカメムシ。少ない株数なら物理的に取り除く事は出来ますが、大量となるとそう簡単には行きません。どうするか、大きな課題です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5562)


Counter: 991, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional