温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-05-26

 落花生の栽培-2。

  • 5月26日

          前に戻る     次へ進む

 落花生の苗(千葉半立ち、オオマサリ)が発芽開始。

 畑の直播の方には何の変化も無いのに、ハウス内で育てている、落花生の苗が発芽を始めています。苗の方には水が乾かないように気を付けて水遣りを行っていますから、当然と言えば当然ですが。

オオマサリの苗の発芽千葉半立ちの苗の発芽 左がオオマサリ、右が千葉半立ちのハエの苗の発芽です。この種は一昨年2013年度産の物を、冷蔵庫に保管していた物で、ほぼ100%発芽しそうです。やはり種は少なくとも冷蔵庫に保管すべきですね。畑の方は雑草が周りに生え始めていますが、芽の出る気配は全く有りません。次に雨が予報されているのは、30日で、それまでは雨無しの様です。今年も落花生にはきつい年になるのでしょうか。苗の数は僅かですから、どうしようも有りません。

 大塚の畑は、半分山土で、決して保水力は高くありません。土はこれから乾く一方で、せっかく水に浸した種が、カラカラになりそうです。雨を待つしかありません。

  • 5月29日

 落花生の苗(千葉半立ち、オオマサリ)発芽率はほぼ100%。

 2013年度産の落花生、発芽率は大変良いようです。未だ芽を出し始めたものも含めて、ほぼ100%です。

オオマサリの苗千葉半立ちの苗 左がオオマサリ、右が千葉半立ちの苗です。条件さえ整えばきれいに発芽するのですが、畑の落花生は未だ全く発芽していません。今日は朝から多少雨が降っていて、お湿りにはなりそうで、明後日31日にも雨が予報されていますので、これで畑の落花生も発芽して来るかと思っています。発芽が遅れると、周りの雑草も一気に芽を出し始めて、その処理が大変になりそうです。畝間は耕運機で何とかなりますが、畝の株の周りは全て手での処理になります。

 天気予報で今まであまり現れなかった雨マークが、所々に現れるようになり、そろそろ梅雨が近いのかなと感じるこの頃です。お日様は多少出なくとも、雨は降らないとどうにもなりません。散水設備が欲しくなります。

  • 6月2日

 大塚の畑の落花生は雑草の中、鳥に大分やられた感じです。

 5月18日に播種した落花生、少し見ない内に雑草まみれになって居ます。特に北側のオオマサリの畝は雑草だらけの状態です。そこで今日除草を行っています。

一番北側のオオマサリの畝雑草の中のオオマサリ千葉半立ち 左は一番北側の畝で、雑草だらけです。真ん中は雑草の中のオオマサリ、そして右は千葉半立ちです。千葉半立ちの方は未だ雑草は少ない状態です。未だ全体を把握していませんが、鳥にかなりやられている様です。

 オオマサリは90cm置きに播種していますが、発芽が確認できたのは50%以下です。播種したと思われる場所が、何か凹んだ感じで、鳥に落花生の豆を食べてしまった感じです。未だ発芽していない物、発芽途中の物もあり、もう少し時間を掛けて確認しないと状況は良く分かりません。明日は雨が降りそうなので、その後にでも最終的確認を行おうかと思っています。果たして最終的発芽率はどの程度になって居るのか、かなり低いのではと心配しています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9954)


Counter: 1029, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional