温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-05-18

 落花生の栽培-1。

  • 5月18日

          前に戻る     次へ進む

 落花生、(千葉半立ち、オオマサリ)を大塚の畑に播種。

 今年も落花生を作る時期になりました。昨年は大塚の畑の南側半分近くを使って、千葉半立ちとオオマサリを作りました。大塚の畑の北側には、既に耕運機で落花生用の畝が作ってありますので、タイミングを図って蒔くだけの状態になって居ました。作17日雨上がりの畑は適当に湿っていて、播種に最適な状態になって居ましたので、早速播種です。落花生は事前に一晩水に浸けて、十分吸水させてあります。

オオマサリの畝千葉半立ちの畝 左が大塚の畑の一番北側に播種したオオマサリの畝7本、そして右側がその南側に播種した千葉半立ちの畝8本です。オオマサリは株間90cm、千葉半立ちは株間60cmで播種しています。一畝当たりオオマサリが30株、千葉半立ちが45株です。オオマサリは千葉半立ちの南側に更に一畝播種して、合計8畝播種しています。従って畝は合計16本になります。更に短い畝が2本ばかりあり、その部分にも播種しています。

 播種した落花生の数は、オオマサリが250個、千葉半立ちが375個にもなります。本当は少し残して欠株対応の苗を作ろうかと思っていたのですが、畑で作っても同じと考え、全て蒔いてしまいました。手元には2013年度産の落花生が少しありますから、それを苗用に使おうかとも考えています。しかしながら落花生は種として保存可能期間が比較的短いことから、冷蔵庫で保管していたとは言え、果たして発芽するかどうか、多少心配は有ります。まあやってみて損は無いでしょう。
 昨年はかなり未熟な状態で収穫してしまい、なかなか良い落花生を収穫することが出来ませんでした。今年はあまり急がずに収穫するつもりです。畝立する前に卵殻石灰を鋤き込んで有りますが、更に追加して何らかのカルシウム肥料を追加するつもりです。

 今日の夜から又雨が降る予報になって居ます。条件としては良さそうですが、その後暫くは雨が降らない予報になって居ます。上手いこと発芽してくれると良いのですが。

  • 5月19日

 落花生、(千葉半立ち、オオマサリ)の苗作り。

 落花生の苗を作ることにしました。ただし種は2013年度産の物で、冷蔵庫で保管した物です。オオマサリ14個、千葉半立ち32個と、ちょっと少なめの播種です。種は水に浸けず、直接播種です。今回は9cmのポットは使わずに、もっと小さな6cmのセルトレイを使っています。
 昨夜から雨が降りましたから、畑の方は発芽に良い条件になったかと思います。上手く行けば畑も、苗の方も同じ時期に発芽してくれるかと思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3460)


Counter: 903, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional