温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2015-04-05

 麦類の栽培-1。

  • 4月5日

          前に戻る     次へ進む

 大麦にアブラムシ、ユキチカラ、ライ麦には穂が。

 昨年11月14日に、御堂横畑に播種した麦類、ユキチカラ、農林61号、六条大麦、ライ麦の今の様子です。今までと異なった点が二点ほど有ります。先ずは六条大麦にかなりのアブラムシが付いていること、そしてライ麦に早々と穂が出ていることです。

畑全体ユキチカラ農林61号 左から麦畑全体で、北西角地から見た所です。そしてユキチカラ、農林61号の様子です。ユキチカラには穂が出て来ています。こちらには大麦に見られる黒いアブラムシは見られません。これからどうなるか、気になります。

 麦は左から2畝ユキチカラ、4畝農林61号、6畝六条大麦、残りがライムギです。同じ種類でも、畝、場所によって成長はバラバラです。この場所の麦はユキチカラ、農林61号以外は収穫のために作っているのではなく、緑肥、或は麦藁のために作っています。

六条大麦ライ麦 左が六条大麦で、黒いアブラムシが付いています。右はライムギで、こちらには穂が出始めています。六条大麦に葉のちじれているものが見えますが、これもアブラムシが付いているものです。今まで何回か六条大麦を作っていますが、アブラムシが付いたのは初めてです。六条大麦は公園横畑、大塚の畑でも作っていますが、公園横畑の大麦にもアブラムシが付いています。多分大塚の畑の大麦にも付いていると思います。何故六条大麦にのみ付くのか、分かりません。

 公園横畑では六条大麦のそばで、ソラマメも作っていますが、そこには未だ一切アブラムシは付いていません。ライムギを畝間に入れてはいますが。さてどう対処するか、未だ決めていません。そのまま放置か、青刈りをして、鋤き込んでしまうか。数日後には寒い日が来そうですから、その後にどうするか決めたいと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6873)


Counter: 1057, today: 1, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional