温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-11-26

 公園横畑ー10。

  • 11月26日

          前に戻る     次へ進む

 一寸ソラマメの栽培ー6。

 昨日、今日と雨で、田圃も畑も仕事は出来ません。雨のおかげか、或は毎朝降りる朝露のおかげか、公園横畑の栽培用の大麦、ライ麦がきれいに発芽しています。ソラマメの畝間にばら蒔いたライムギも順調な様子です。ただ畝間の物は、表面にばら蒔いただけで有ること、そしてかなり踏みつけていることも有り、栽培用よりは生育が悪い感じがしています。

直播のソラマメ苗移植のソラマメ 左は直播の一寸ソラマメの様子です。かなり成長してきました。そして右が苗を移植した一寸ソラマメで、直播の物とほぼ変わらない感じです。周りの畑のソラマメは、もう少し大きいものが多いようです。でもそれ程変わることは無く、冬は十分に越せる大きさです。今年ソラマメを収穫した時、今一つ株の形が悪いと感じていましたから、今年は芽欠き、芽止めをしっかりして、形の良い株が出来たらと思っています。

 ソラマメの畝間にばら蒔いたライムギは、きちんと発芽しているものから、土の表面で根を伸ばしだしているものまで色々です。雨は今日までで、明日からは又天気が回復しますから、畝間を歩いて、踏みつけなければ、芽も伸びて来るでしょう。

大麦の畝大麦ライムギの畝 左が大麦の畝で、かなりきれいに発芽しているのが分かります。そして真ん中が発芽した大麦の様子です。良く揃って発芽しています。右はライムギの畝ですが、写真ではちょっと分かり辛いですが、こちらも発芽しています。

 去年は御堂横畑で栽培しましたが、発芽が良くなく、麦踏をする必要性を感じませんでしたが、今年は麦踏が必要になりそうです。緑肥にする所は、麦踏をせずに、そのまま放置の予定です。現状の大麦を作る目的は、殆どが田圃や畑の緑肥用です。粉にすれば多分他にも使えると思うのですが、なかなか難しそうです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9956)


Counter: 1249, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional