温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-10-16

 御堂横畑ー15。

  • 10月16日

          前に戻る    次へ進む

 黒?エゴマの刈り取り。

 一昨日の公園横畑の白エゴマに引き続き、御堂横畑の黒?エゴマの刈り取りです。黒エゴマと思っていたのですが、今日刈り取りの時、地面に落ちた実を見てみると、白エゴマがかなり目立ちました。黒エゴマの中に白エゴマが混ざったのか、或は黒エゴマと白エゴマを間違えたのか、未だ分かりません。脱穀すればっきりしますが、混ざった可能性の方が高そうです。

刈り取り前のエゴマ刈り取り後のエゴマ区域エゴマの乾燥 左は刈り取り前のエゴマです。先日の台風18号で株は寝かされ、枝は裂かれています。台風19号の被害は有りませんでした。真ん中は刈り取り後のエゴマ区域で、手前右と、奥に乾燥の為寄せ集めたエゴマが有ります。

 右はその手前右のエゴマを寄せ集めた所です。公園横畑のエゴマに比較すると、葉っぱがかなり落ちていて、実の部分がかなり色付いています。でも葉っぱの付いている株は、刈り取りに丁度の色合いかと思います。台風の影響をまともに受けてしまったのではと思います。これでまたまたエゴマの種を大量に畑に蒔いてしまったことになります。これから暫くは天気はまずまずの様で、雨は降らない予報ですので、一週間もすれば脱穀が出来る状態になるかと思います。
 公園横のエゴマは刈り取ったエゴマを集めて、ロープでくくっていますが、こちらは何もしていません。風が吹きそうなら、又ロープでくくることも考える必要は有りそうですが、この二三日は大丈夫でしょう。どの程度のエゴマの収穫が出来るか、楽しみです。台風の色々な意味での被害が有りますから、あまり多くは望めないかも知れません。

 アオバツ大豆の栽培-8。

 今日も枝豆として食べるためにアオバツ大豆を抜いています。

アオバツ大豆 写真の物は直播のアオバツ大豆です。これで枝豆として610gr程ありました。かなりの量かと思います。次回は芽切、根切したものの枝豆の重さを測ってみようと思います。成熟度が同じ程度でないと比較にはならないので、なかなか難しいとは思いますが。
 収穫したこの株に青虫が一匹着いていました。カイコの様な青虫で、何かは分かりませんが、これからは注意が必要かも知れません。と言っても何も出来ませんが。まあ大量に発生している訳では有りませんから、気にする必要は無いと思います。今年は強い台風が来た割には株が倒れていません。幹が太くて、背丈がちょうど良い感じになっている為かも知れません。

 枝豆は未熟大豆を食べるわけですが、アオバツ大豆は、かなり熟した状態で食べるのが良いようです。丸々と太った鞘の状態で食べる事になりますから、枝豆とは言えないかも知れません。自分で大豆を作る前には、痩せた鞘の状態が枝豆かと思っていましたが、間違いの様です。丸々と太って豆の味がきちんとする状態が、本当に美味しい枝豆です。
 大豆の刈り取りは未だ先の様で、刈り取り後の乾燥を何処で、どのように行うか、そろそろ決める必要があります。ハウスは今空けてありますから、結局はそこになるかと思います。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(0951)


Counter: 1030, today: 3, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional