温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-08-18

 大塚の畑ー12。

  • 8月18日

          前に戻る     次へ進む

 ポップコーンの収穫。

 ポップコーンの株がほぼ枯れて、ポップコーンの収穫です。隣の畑で牛の飼料用にトウモロコシを作っていて、ポップコーンが上手く出来るかどうか多少気になっていましたが、特に問題は無かった感じです。

ポップコーンをハウスで乾燥株を切り倒し ポップコーンは株から手でもぎ取り、皮の部分と付け根の部分を取って、ハウスの中でブルーシートの上で乾燥です。虫はあまり見られませんでしたが、充実度はやや悪い感じです。ここで暫く乾燥して、虫などを追い出し、引き続き小屋裏で追加乾燥の予定です。その後コーンをこそぎ取り、保存となります。実を収穫後、草刈機で株と雑草を切り倒しています。この後は時間を置いて、トラクターで耕起することになります。

 ポップコーンはアメリカ産の物がたいへん安く売られています。市場で売られているポップコーン関連商品の殆どが、多分国産の物では無く、アメリカ産の物を使っていると思います。今回作ったポップコーンは、昨年の収穫物の種を使っていますが、元々は何なのかは分かりません。遺伝子操作がされている物かも知れませんが、これからはこの子孫を継続して作って行く予定です。
 ポップコーンはポップコーン菓子として使う他、粉にしてパン、お菓子等に使うことになっています。

 落花生2品種、株は大きくなっていますが、あまり元気が良くありません。

 数日前の雨の性か、株の中にかなりの雑草が目立ちました。畝間も含めて除草をしています。

千葉半立ちオオマサリ 左が千葉半立ちの畝で、右がオオマサリの畝です。写真では元気そうに見えますが、所々で枯れてしまった株が有ったり、葉色がきれいな緑色では無く、何かむらが有る感じで、元気が今一つありません。雑草は非常に元気なのですが。これからも暫くは雨の予報が有りません。ここの畑には水が有りません。水を使うには近くを流れる川から汲み上げが日露尾で、残念ながらポンプを持っていませんから、川の水は使えません。先のことを考えるとポンプは欲しいのですが。

 畑への水遣りは、家から水を運ぶと言う選択肢も有りますが、500リッターやそこら運んでも、何の足しもなりません。何とかする必要が有ります。

 西瓜、露地メロン、ジャガイモの跡地は耕起完了。

 雨が降らない為、今年もスイカは大きくならず、失敗です。メロンはそれなり出来でしたが、やはり露地メロン、あまり美味しくは有りませんでした。それなりの手入れをしてやれば、美味しいメロンが出来るのでしょうが。

スイカとメロンの跡地ジャガイモの跡地 左がスイカとメロンの花鶏で、右がジャガイモの跡地です。ジャガイモはそれなりの収穫は有ったのですが、虫にかなりやられてしまい、売り物にはなりませんでした。スイカとメロンの跡地には特に何も鋤きこんでいませんが、ジャガイモの跡地には、籾殻燻炭と、竹灰を鋤きこんでいます。ここは畑の一番南側で、この後、ニンニク、ラッキョウ、玉ねぎを作付る予定です。玉ねぎはここ二三年上手く出来ていませんから、何とか良いもの作りたいと思っています。

 スイカとメロンの跡地は、来年度落花生を作付る場所になるかと思っています。場所的に不足の場合は、ポップコーンの跡地を使えばと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3189)


Counter: 994, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional