温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-08-11

 御堂横畑ー12。

  • 8月11日

          前に戻る    次へ進む

 アオバツ大豆の栽培-5。

 やっと多少まとまった雨が降りました。と言っても15mm程度ですが。そこで遅れている大豆への土寄せを行いました。確かに土は湿っていましたが、下の方はがちがちに固まっています。

土寄せした大豆の畝直播の株芽切した株芽切、根切した株
 耕運機で土寄せをした大豆畝です。土の塊がごろごろ。 直播した大豆の株です。 苗の芽切だけを行った株です。 芽切、根切をして、挿し木をした株です。

 土はごろごろで、土寄せと言っても思う様には出来ていません。株の様子を見ると、直播の物と、その他の物では明らかにかなりの差が有ります。

丹波黒大粒大豆 そして左が芽切、根切、挿し木した丹波黒大粒大豆です。直播の株は、主茎が一本で、すらっと伸びています。株の背丈は明らかに直播の物が高いです。今の所芽切だけしたものと、根切、挿し木をしたものの差はあまり良く分かりません。最近分かった事ですが、芽切だけを行う栽培方法は、この辺りの少し南の方で既に行っているとのことで、株の茂り方がすごくて、竹で支えないと必ず倒れてしまうとのことです。収穫量もかなりになるとのことです。今年は3種類の株を育てていますから、最終的にどうなるか、上手く行けば比較が出来そうです。土寄せの理由は倒伏防止ですが、これだけでは問題かも知れません。もう少し良く見てみないと分かりませんが、節間の長さも異なるようです。

 株の背丈が抑えられれば、倒伏し辛くなります。ただ上の方が重くなれば、倒伏しやすくなってしまいますが。今日耕運機を使って土寄せをしたことで、鍬での土寄せもし易くなりました。様子を見て、鍬での土寄せを行うことを考えています。
 今後問題になるのは水の確保です。雨だけに頼ることは出来ません。幸い御堂横畑は元々田圃で、水口があります。それを利用して水の確保を行う予定です。今その為の準備を行っている最中です。

 黒エゴマに土寄せ実施。

 大豆の横で作っている黒エゴマにも、土寄せを行いました。

土寄せした黒エゴマ 土寄せは、倒伏防止、雑草対策で行っています。ただびっくりしたのは、畝の中に堂々と雑草が大きな顔をして生えている物が有ることです。遠目にはエゴマと変わりませんから、見落としてです。ちょっと気になることは、所々に枯れて倒れている株が有ることです。感じとしては茎の根元がやられているのですが、理由がまだ良く分かりません。これは単位御堂横畑の黒エゴマだけでは無く、公園横畑の白エゴマも同様です。ただ率としては御堂横畑の黒エゴマの方ははるかに高い感じです。少し落ち着いて良く見てみる必要が有りそうです。根切虫などなら、探せば見つかるはずですから。大豆の方にはその感じの株は見当たりません。多分何かの虫だとは思いますが、見つけて退治するまで、何も言えません。

 エゴマはやはり公園横畑の白エゴマの方が良い感じです。エゴマも気を付けないと背丈が伸びすぎ、軟弱な株になったり、倒伏することも考えれます。どこかの段階で芽止めすることも考えられます。

  • 8月12日

 畑に水遣り用パイプ追加。

 田圃の水口にφ40のホースが付けられるように、塩ビパイプを多少細工した物を取り付けました。これでホースさえ付ければ、水遣りは可能になります。

田圃の水口大豆の畝 左がφ40用のホースのアダプターを付けた様子です。本来は蛇口の先が外せるはずですが、固着して外すことが出来ず、やむなく写真の様にアダプターを塩ビパイプで作り、取り付けました。水口への取り付けは接着剤を使わずに単に差し込んであるだけです。
 右の写真は大豆の畝で、一番手前が丹波黒大粒大豆と芽切りした株、二番、三番目の畝が芽切、根切した株、そして四番、五番目の畝が直播の株に補植した畝です。

 大豆畝の六番目以降は直播だけの状態の畝です。かなり抜けが目立ちます。これを見ると、苗を植え付けた方がより良いことが良く分かります。来年以降どうするか、今年の出来の様子を見て決めることにしています。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(8143)


Counter: 1132, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional