温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-07-16

 御堂横畑ー11。

  • 7月16日

          前に戻る    次へ進む

 アオバツ大豆の栽培-4。

 一度は雨が降りそうになり、これで安心と思っていましたが、全く期待外れで、雨は殆ど降りませんでした。そこで昨日からアオバツ大豆を直播した畝に水遣りです。昨日は途中で水が止まってしまい、中途半端な状態で止まってしまいました。そこで今日は改めて水遣りです。

水遣りしたアオバツ大豆直播の畝黒エゴマの様子 左が水遣り後のアオバツ大豆の直播畝の様子です。畝の長さが概ね32m程有ります。一畝に概略48リッターの水を遣っています。メーター当たり1.5リッター程度で、水遣り幅20cmとすると、7.5mm程の雨量になります。周りへの拡がりを考えると、5mm程の降雨量になるかと思います。右側の写真は黒エゴマの今日の様子です。土がカラカラの中、こちらは一応元気に育っている様です。アオバツ大豆はエゴマの南側で作っています。

 それにしても雨が降りません。南房総だけ雨が降っていません。去年も同じように雨が少なく、色々と大変でしたが、今年も同様の感じです。明日は関東の広い地域で強い雨が予報されていますが、ここだけは降りそうにないとのことです。ぜひとも10mm以上の雨が欲しい所です。
 家の前で作っている予備苗、概ね移植可能な状態になっています。でも畑の大豆の発芽がバラバラで、何時欠株になるかの判断をするか、非常に難しい状態です。今日の水遣りで、発芽するものは発芽すると思いますから、明後日辺りが移植時期になるかと思っています。
 芽切、根切をした丹波黒大粒大豆もそろそろ移植可能になると思います。アオバツ大豆の芽切、根切をしたものは、移植までもう少し時間が必要な状態です。

  • 7月17日

 丹波黒大粒大豆苗、アオバツ大豆の予備苗の定植。

 芽と根を切って挿し木した丹波黒大粒大豆の苗と、アオバツ大豆の予備苗が、定植可能になりましたので、定植です。予備苗で芽切した苗も予備苗として定植です。

丹波黒大粒大豆の苗芽切したアオバツ大豆芽と根を切ったアオバツ大豆苗 左が丹波黒大粒大豆、真ん中が予備苗の芽切をしたアオバツ大豆、そして右が芽と根を切り、挿し木したアオバツ大豆です。芽を切ってやると、本葉はニ組なって出て来ます。これで芽止めと同じ効果が有ると良いのですが。

 予備苗の芽切した苗は、根が予備苗と同じ位しっかりしていると考えて、定植してしまいました。これで後は、アオバツ大豆の芽切、根切、挿し木した苗だけになります。予備苗で補植できたのはたった2畝だけでした。芽切したものは、区別出来るように、別畝に定植しています。
 昨日水遣りした畝は、かなり下の方まで水が浸みていました。でも新たに発芽しているものは、良く分かりませんでした。
 芽切、根切、挿し木したアオバツ大豆の苗は、もう少し本葉がしっかりした所で、定植予定です。今年の注目は、予備苗で芽切したものと、芽根切で挿し木した物との差がどのように出るかです。同じと言うことは無いと思いますが、芽止めと同じ効果が有れば、めっけものです。苗を仕立てるもの、直播の物、最初から芽切をしてやれば良いことになります。芽止めよりは簡単、確実です。

  • 7月18日

 アオバツ大豆芽根切挿し木苗の定植。

 挿し木と言うことで、根が未だしっかりしていないと考えて、躊躇していたアオバツ大豆の、芽根切挿し木苗、あまり大豆に引っ張り続けられるのは嫌なので、思い切って定植しました。

アオバツ大豆挿し木苗定植したのは連結トレイ12枚分畑の南側2,3畝目に定植 未だ本葉がしっかりしていないため、想像通り、根が未だ不十分でした。定植は南側2畝目、3畝目に定植です。残った分は直播部分の補植に使いました。定植はやはりもう二三日待った方が良かったかと思います。

 根切してないものはやはり根がしっかりしていて、連結トレイから苗を抜くとき、土も一緒に抜けて来るのですが、挿し木した物は苗だけ抜けて来るものが多く、多少心配になりました。このに三日は日が強く照ることは無いようなので、大丈夫だとは思いますが、表面が乾いたら、水遣りが必要かと思います。
 定植した部分の手前側が空いていますが、ここは畑への進入路で、作付は避けています。これで後は定植した苗が多少落ち着いた所で、中耕、除草、そして更に土寄せとなります。

  • 7月19日

 昨日定植した大豆に水遣り途中で、雨が。

 午後4時前から雷が鳴り、雨が降りだしました。昨日定植した芽根切、挿し木苗に水遣りをしている最中です。雨量としては未だ5mmに至っていませんが、多少は希望が持てそうです。水遣りは一応完了していますので、後は畝間が湿ってくれることを願っています。早く耕運機を入れて、中耕除草を行いたいと思っていますから。それをしないと、土寄(溝切)せが出来ません。

  • 7月20日

 大豆畝間に竹灰散布、後耕運機で耕起。

 昨日は雨量にして10mm弱の雨が降りました。これで大豆は大丈夫になったと思います。そこで今日は気になっていた大豆畝間の、発芽してしまった麦類を鋤きこむために、耕運機を入れています。その前に竹を燃やした折に貯めて置いた竹灰を散布しています。これで後は土寄せです。

  • 7月21日

 黒エゴマと大豆の畝に土寄せ実施。

 黒エゴマは公園横畑の白エゴマに比較すると、今一つの感じです。昨日畝間を耕起したのに引き続き、今日は土寄せを行っています。ついでにちょっと早すぎですが、大豆の畝にも土寄せを行いました。

黒エゴマの畝に土寄せ大豆の畝に土寄せ 左が土寄せした黒エゴマの畝です。昨日雑草を取っていますので、これで暫く放置になります。右は少し早目の大豆畝への土寄せを行った後です。大豆は未だ小さくて、土寄せ出来る段階では無いのですが、敢えて行っています。土がもっと細かい状態であれば特に問題は無いのですが、何せ写真のように大きな土の塊ですから。苗をかなり痛めつけたのでは、気にはなっています。敢えて行ったのはやはり苗の周りの麦類の芽の為です。

 苗のぎりぎりまで耕運機を入れていますから、麦類は殆ど土に鋤きこむことが出来たかと思います。これでしばらく様子を見て、それでも麦類が伸びてくる場合は、鍬で取ることになります。この状態で一雨欲しい所ですが、予報ではこれから暫くは雨無しです。様子を見て又水遣りです。

          前に戻る    次へ進む

認証コード(1334)


Counter: 1496, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional