温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-05-29

 大塚の畑ー6。

  • 5月29日

          前に戻る     次へ進む

 長芋と落花生発芽。そしてスイカ、2品種目の露地メロン植え付け。

 長芋は植え付けて一か月、落花生は播種後3週間、やっと発芽です。両方ともまだ一部のみの発芽です。雨が少ないと、やはりなかなか発芽しないようです。でも今回の雨でかなり発芽してくれると思います。長芋も土の湿っている部分で早く発芽しています。

長芋の発芽落花生(千葉半立ち)の発芽ハウスのオオマサリハウスの千葉半立ち
 やっと発芽した長芋。 千葉半立ちの発芽。未だほんの一部です。 ハウスのオオマサリ。24ポット中2個未発芽。 ハウスの千葉半立ち。100%発芽。

 ハウスで予備に播種した落花生、オオマサリの方が多少発芽率が低いようです。ハウスの方は水の管理が出来ますから、かなり揃って早く発芽します。手間をいとわないなら、苗を育てて畑に移植するのが一番ですが。
 

 ジャガイモはそろそろ収穫可能に、ポップコーンは除草が必要に。

 ジャガイモがちょうど良い大きさに育っています。下端の一部が多少黄色くなり始め、収穫時期の近いことを表している様です。芋があまり大きくならず揃ってくれると良いと思っています。
 ポップコーンは畝間の雑草が目立ち始めています。背丈の高いものは手で抜いていますが、その他の物はもう暫く放置して、耕運機で耕起の予定です。

ジャガイモポップコーン ジャガイモはもう少し畝間を狭めて良いようです。耕運機で中耕の予定でしたが、結局鍬で実施しましたから。それにしても今年はジャガイモの花が少ない感じです。
 ポップコーンは背丈が20cm程になっています。ポップコーン、去年は全く肥料無しで育ちましたが、今年はどうするか、葉っぱの色は薄いので、多少は肥料が必要な感じがしています。醗酵鶏糞でもばらまこうかと思っています。

 庭の畑でもジャガイモを作っているのですが、こちらは土が砂質の性か、そろそろ樹の勢いがなくなり始めています。収穫しても良いかも。

 スイカ二品種(黒小玉、新大和2号)、露地メロン(みずほニューメロン)の苗の植え付け。

 苗の出来はあまり良くないのですが、一気に植え付けてしまいました。

スイカとメロンの植え付け スイカに関しては、肥料袋のカバーでは無く、ビニールトンネルを作ろうかと思っていましたが、とりあえず肥料袋でカバーしています。様子を見ながらトンネルに移行のつもりです。ただ植え付けがちょっと浅すぎの感じが有り、枯れてしまう可能性が有るので、暫くは注意が必要です。スイカはもう一品種御堂横畑の方で作っていますが、まだあまり大きくはなっていません。やはり肥料袋ではきつい感じです。
 大塚の畑にはハクビシン用の電気柵が張ってありますから、後はカラス除けを行うことが必要です。未だ大分先の話しですが。メロンとスイカの元肥は、発行鶏糞とEMぼかしを根元に入れています。後は追肥ですが、これも発酵鶏糞になるかと思います。

 これで大塚の畑は大分埋まってきました。ラッキョウ、ニンニク、ジャガイモを収穫すれば、又空いてきますが、何を作るか。ハウスの中には露地トマト(世界一トマト、ポンデローザ、シュガーランプ)の苗も育っています。この一部を定植するか。或は緑肥を育てるか、迷うところです。

  • 5月31日

 ラッキョウの収穫。

 ラッキョウの畝の3/4程を収穫して、収穫した状態で10Kg程度、洗って根っこと、葉を切り落とし、薄皮を剥いた状態で6Kg程になりました。残った畝はそのまま放置して、来年用の球種とします。ニンニクも一部収穫したのですが、こちらも出来は良いようです。こちらの本格的収穫はもう少し後になります。ラッキョウもニンニクも毎年収穫した物を、次の年の球種にしています。球種にするものは、出来るだけ畑に置いて、十分に成熟させます。ニンニクは出来るだけ形の良い、大きな物を残すようにしています。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(4888)


Counter: 1162, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional