温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-05-23

 大塚の畑ー5。

  • 5月23日

          前に戻る     次へ進む

 補植用の落花生二品種発芽。

 ハウスで補植用に播種したオオマサリ、千葉半立ちいずれも発芽開始です。播種時期は1週間ほどずらしたのですが、ほぼ同時発芽です。

オオマサリの発芽千葉半立ちの発芽 左がオオマサリ、右が千葉半立ちの発芽です。この状態ではその差は良く分かりません。発芽は土の膨らみを含めれば、ほぼ全体に及んでいて、発芽時期が異なるにも関わらず一緒に発芽したと言うことは、ちょうどその時期になったと言うことでしょうか。
 畑の方の落花生は、そろそろ発芽の状態になっている様です。一昨日からの雨で、発芽の条件が整った感じです。ただ畑の方が多少深く種を入れていますから、遅れるかも知れません。

 明日辺り千葉半立ちの追加播種を行う予定です。9日に追加播種して、明日で2週間程に、田圃の仕事に追われて、播種を忘れていた感じになりました。明日播種して、更に月末に播種と言うことになりそうです。9日から20日間で、4回播種と言うことで、ちょうど良い感じかも知れません。でも収穫時期はそれ穂差は付かないのでしょうね。ハウスの補植用の千葉半立ちも追加播種が必要な様です。

  • 5月24日

 露地メロン(ニューメロン)の苗移植。

 ハウスで用意していた露地メロンの苗がm本葉4~5枚になったので、大塚の畑に移植しました。これも又ウリハ虫の被害を避けるために、肥料袋のカバーを掛けています。

露地メロン移植大塚の畑全体 左が露地メロンを移植した様子です。株間80cm程とっています。右が大塚の畑の南側から見た様子で、露地メロンはかなり北側に移植してあります。一番手前ジャガイモ、次からが落花生、中にラッキョウ、ニンニクを挟んで、更に落花生、その奥にメロンです。更にその奥には果樹の苗木が有り、苗木の間にポップコーン、一番北側に長芋と言ったところです。落花生も長芋もまだ未発芽です。来週前半には雨が降る予定ですから、そこで発芽でしょうか。

 メロンはもう一品種、みずほニューメロンが有ります。こちらはまだ苗がやっと本葉3枚になった所で、来週後半あたりに移植です。更に予定としてはスイカ二品種もここに移植の予定です。本当は肥料袋では無く、トンネルを作った方が良いのですが、とりあえずはこのままです。
 大塚の畑には5段の電気柵が張ってあり、ハクビシンも防げるようになっていますが、雑草が対策がかなり大変で、今日も柵の下の雑草を刈り取っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7907)


Counter: 1101, today: 1, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional