温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2014-04-20

 大塚の畑ー1。

  • 4月20日

          前に戻る     次へ進む

 ジャガイモに土寄せ。

 大塚の畑では、今ジャガイモ、にんにく、ラッキョウ、キャベツ、レタスを作っています。何れも自家用に作っていますから、それ程大量では有りません。大塚の畑の北側には栗、アーモンド、桃、梨、柑橘類の苗木を昨年植え付けていますが、まだ木が小さいので、木の間にも色々と作付可能です。今年はそこへカボチャ、長芋、スイカ、メロン等を作付出来ればと考えています。南側の大きく開いている部分には落花生を作付予定で、すでに準備を開始しています。
 今日は一番南側に作付てあるジャガイモ3品種の周りを耕起して、土寄せを行っています。

ジャガイモの土寄せにんにくラッキョウの畝雑草の中のキャベツ、レタス果樹の苗木
 土寄せしたジャガイモの畝。これで23m程の畝です。男爵、メイクイーン、キタアカリの3品種。 手前がラッキョウ、奥がにんにくの畝です。両サイドの開いている部分は落花生の予定地。 雑草しか見えませんが、キャベツとレタスが交互に作られています。 北側の果樹の苗木が植えられている部分です。これらの木の間に色々と作付予定です。

 落花生の予定地には少し前、牡蠣殻石灰と発酵鶏糞を鋤きこんであり、後一回耕起して畝立を待ちます。キャベツはレタス(サンチュを含む)と交互に作付てあり、周りの雑草と合わせて今の所モンシロチョウの幼虫の被害は少ないようです。昨年植え付けた果樹の苗木は、柑橘類(庭から移植した物)を除いて順調な様です。3年もすれば収穫出来るかも知れません。

 大塚の畑はイノシシの出没が多い所で、電気柵無しでの栽培は、考えられません。落花生を作付るようになると、今度はハクビシンの被害が問題になりますから、柵を現状の2段から5段にする予定です。落花生はハクビシンの大好物で、知らない内に全滅させられてしまいます。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0296)


理想の畑

  • 投稿者:Miyata (2014-04-20 (日) 21:04:13)

こんばんは。
大塚の畑は、私から見ると理想の畑ですね。
畑の北側や周りを果樹で囲み、その中に自然栽培で多種多様な野菜を栽培するのが
私の夢です。
3年後すばらしい風景になっていることでしょう。

我が家は実家が農家なので、新米の頃は、なかば強制的に一袋もらいます。
まあ味はいいのですが、環境が悪く、普通の栽培方法なので。
普段、玄米で食べる分は、無農薬、減化学肥料のお米を買って食べています。
いま、食べているのは、大山千枚田近くで取れた自然栽培米です。
南房総に移住できたら、ひろしさんのお米もぜひ食べてみたいです。
今度の金曜日に、南房総市の山田に物件を見に行きます。
グーグルでみるとかなり山間部みたいですね。

コメント


認証コード(3715)
Counter: 1319, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional