温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-12-28

新しい畑への取り組みー7。

  • 12月28日

          前に戻る     次へ進む

 果樹の苗植え付け完了。

 少し前に注文していた果樹の苗が昨日届きました。内容は栗が、丹波、丹沢、筑波、梨が、長十郎、幸水、アーモンドが、タベイ、桃が大久保、です。そして数年前庭に植えていたレモン、アレンユーレカ、と本ゆずも同時に移植です。大久保はアーモンドの受粉樹として、幸水は長十郎の受粉樹として植えつけています。
 今の時期寒さも増し始めて、かなり厳しいですが、敢えて植え付けを行っています。寒さ対策としては、植え付けた根元に分厚く籾殻を敷き詰め、更にその上から稲原を敷き、周りに土を寄せています。雨が降った翌日ですから、土の方はかなり湿っていて、水やりは特に行っていません。しばらくは毎日様子を見て、必要なら水をやるつもりです。
 苗木は植え付け後、根元から50cm程度にまで切り詰めて、生育の手助けするようにしています。レモンと、本ゆずは枝をかなり切り詰めておきました。明日にでも写真を撮り、アップの予定です。

  • 12月29日

 今日は今までで一番寒い朝です。

 畑は全面的に硬くなっていました。凍ったり、霜柱が立ったりして、更に霜もかなり残っていました。

丹波丹沢筑波 左から丹波、丹沢、筑波です。栗の木に関してはもう少し品種の追加をしても良いかと思っています。木の間隔は7m有りますから、日当たりが悪くなることは無いと思います。

 苗は植え付けの後、周りにかなり大量の籾殻を置き、更にその上から稲原を敷いて、周りに少し土を載せています。少しでも保温が出来ればと思います。

長十郎幸水 左から長十郎、幸水です。作りたい梨は長十郎で、幸水は受粉用に植え付けています。未だ植え付け用の場所は残っていますから、もう一品種加えられます。本当は昔の小さくて硬い実を付けるものが欲しいのですが、品種が分かりません。じっくり探してみたいと思います。

 梨類は土が酸性で無い方が良いとのことで、この部分には牡蠣殻石灰、籾殻燻炭を追加して、植え床を作っています。栗などは酸性の土壌が良いとのことで、最初の状態からあまり追加はしていません。

タベイ大久保 左からアーモンド(タベイ)、桃(大久保)です。ぜひ植えつけたかったのは、アーモンドで、大久保は受粉用に植え付けています。アーモンドの木一本でどの程度収穫出来るか分かりませんが、まずは様子見です。

 今回植え付けた苗はレモンと、本ゆずを除いて、接ぎ木の1年生苗です。それでも早ければ2から3年で花を付けるとの説明が有りました。

レモン本ゆず全体 左からレモン(アレンユーカレ)、本ゆず、そして全体です。レモンと本ゆずは数年前に庭に植え付けていたものですが、条件が良くなくて、ほとんど育っていません。右はほぼ全体の様子です。

 レモンと本ゆずは、葉っぱはほとんどアゲハチョウの幼虫にやられてしまっています。来年からは少し注意が必要なようです。
 この辺りはイノシシ、ハクビシンの被害が多く、電気柵無しでは色々な物が出来ない所です。今は畑全体を猪が侵入出来ない様に、2段の電気柵を張っていますが、ハクビシン対策には5段張りが必要になります。来年はここで落花生を作る予定ですので、その時期までには5段張りにする予定です。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3301)


Counter: 1811, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional