温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-10-22

落花生の栽培ー8。

  • 10月22日

          前に戻る     次へ進む

 収穫までにはもう少しか。

 千葉半立ちに関しては少し前に試し掘りをして、未だ収穫までは日のあることを確認していますが、今日はオオマサリの試し掘りをしみました。夏場の高温と、水枯れがありましたから、どのようになっているか心配でしたが、まあまあの出来のようです。でも未だ粒の小さいものが多く、収穫にはもう少し日にちが必要なようです。

千葉半立ちの畝千葉半立ちの株オオマサリの畝オオマサリの株
 千葉半立ちの畝です 千葉半立ちの株の様子です。 オオマサリの畝です。 オオマサリの株の様子です。

 千葉半立ちもオオマサリも、葉はこの前の台風26号に打たれて、かなり落ちていますが、株自体は未だ非常に元気です。葉は未だ黄化することなく、収穫は未だ早いと言うサインのようです。

オオマサリの収穫 試し掘りをしたオオマサリを洗って見たところです。大きな実は付いていますが、未だ小さな実が多い感じです。去年は10月25日辺りから収穫していますが、今年は11月になってからかも知れません。今日試し掘りしたオオマサリを試食して、最終的な収穫予定を決める事にしています。落花生はかなりの部分を出荷することにしていますから、出来れば大きな実にしてから収穫したいと思います。今中くらいの実が大きくなた頃に収穫するのが一番でしょうが、そこまでは多分待てないと思います。虫にやられたり、カビにやられたりしますから。試し掘りした感じではカビに関しては今のところ全く問題はなく、虫の被害も殆ど無いようです。でも土が乾かないと、収穫も大変ですし、収穫後の処理も大変になります。出来ることなら土が乾いた頃から収穫できると良いのですが。

 収穫後直ぐでは豆の善し悪しは分かりにくく、一晩ほど乾燥させて、選別となります。良いものは殻の色がそのままか、白っぽくなりますが、良くないものは色が濃くなり、多少しぼむものも出てきます。中位、或いは小さなものでも食べられないことはないのですが、味はやはり未熟ですの、出荷対象からは外すことになります。出荷対象になるのは収穫物の1/3以下になってしまいます。その跳ね出しを家で食べることになります。

 試し掘りしたオオマサリ早速茹でてみました。

 色々なサイズの物を茹でてみましたが、やはり大きな物がとても美味しい。中身が充実して、殻の隅々まで実が行き渡っている感じです。これがやはりオオマサリです。去年と比較して味はかなり良いように思われます。第一に食感も良く、味の方も濃厚な感じです。これなら出荷出来ると、自信が持てます。
 中間の大きさのものはまあまあの感じですが、小さなサイズのものはやはりダメですね。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6064)


Counter: 1518, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional