温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-09-26-3

落花生の栽培ー7。

  • 9月26日

          前に戻る     次へ進む

 後一月もしないうちに収穫出来そうです。

 落花生の畝には、次から次へと雑草が生えて来て、いまだに雑草取りをしています。でも株の中の雑草は、注意して抜かないと落花生の未熟豆まで一緒に取れてしまいます。雑草自体は株の周り、畝間に生えて来るものが多く、株の中にはそれほど生えていません。外から見た目は昨年とほぼ同じ感じの株になって来ています。夏場の雨の少ないときはどうなるかと心配しましたが、今のところ大丈夫なようです。

千葉半立オオマサリ 左が千葉半立、そして右がオオマサリの畝です。オオマサリの方が大きく広がっていて、畝間が見えない位になっています。5段の電気柵が張って有りますから、ハクビシン等の動物にはやられないと思っていますが、注意は必要です。木に登って飛び込んでくることもありますから。ここは大豆の跡地ですから、牡蠣ガラ石灰を多めに降った他は、醗酵鶏糞を多少降ってあるだけです。

 御堂横畑は今、小麦→大豆→落花生→エゴマ→小麦の輪作をしていて、小麦を作るとき以外は年一作になっています。大豆と落花生の後、冬場に何か作っても良いのですが、なかなか良いものが見つかりません。何か緑肥になるものを作れれば良いのですが。でも下手にレンゲ等の緑肥を入れると、窒素が過剰になるかと心配もあります。麦類を入れるくらいしか今のところ考えが及びません。難しいですね。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7592)


Counter: 1298, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional