温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-07-24

落花生の栽培ー5。

  • 7月24日

          前に戻る     次へ進む

 久々の更新で、落花生2品種は何とか大きくなっています。

 播種した種がハクビシンにやられ、かなりの補植を余儀なくされた落花生ですが、あの雨の無かった梅雨明けを乗り切り、やっと元気になった感じです。畝間、株間の除草、中耕、土寄せを行ってここまでこぎつけました。

千葉半立の畝オオマサリの畝 左が千葉半立の畝の様子、そして右がオオマサリの畝の様子です。今年は梅雨明け雨が全く降ってくれず、成長がかなり遅れている感じがします。雑草は雨が無くても元気で、これには手を焼かされます。落花生には花もつき始めていますから、株の中はあまり触るわけにはいきません。でも株の中の雑草は取らざるを得ません。今日も畝間と株の中の雑草をかなり取っています。今日は午前中からしょぼしょぼと雨が降っていますから、土が多少湿っています。

 落花生もここまで来れば、何とかなりそうです。でも雨の少ない状況はこれからも続くようで、果たして問題なく収穫できるかどうか、分かりません。花の時期、雨が無いのはきつい感じです。それにしてもここ南房総は何故雨が降らないのでしょうか。東京から千葉県の北側辺りまではかなり降っているのに。台風でも来ないと降らないのでしょうか。とにかくもっと雨が欲しいですね。
 電気柵はハクビシン用に張ってありますから、最下段の電線には直ぐに雑草が接触してしまいます。多少の接触は問題ないようですが、これからは雑草がかなり伸びてきますから、注意が必要で、近いうちにまた電気柵周りの除草を行います。ハクビシンと言えば、他で作っているミニトマトまで荒らしています。トマトまで対策を必要とするとは、どうしようもありません。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5033)


Counter: 1452, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional