温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-07-17

新しい畑への取り組みー2。

  • 7月17日

          前に戻る     次へ進む

 とりあえずトラクターで良く耕起し南側から大豆、緑肥としてのライ麦、ポップコーンを播種。

 地力の向上に繋がる大豆、緑肥になるライ麦、ポップコーンを播種です。実の収穫は出来なくても良いから、大きく伸びて欲しいものです。でも土は今からからに乾燥していて、とても発芽出来る状態ではありません。

トラクターを入れた新しい畑 畑の北西角地から見たところで、反対側の南側から作付をはじめています。左側は畑の北側にあたりますが、この更に左は道を挟んで川になります。この畑の北側、そして道の部分に問題があります。だいぶ以前の大雨で道と畑が崩れて、土が流れ出し、その後の部分に何故か大量の籾殻が入れられています。道の部分の籾殻を取り除き、畑側に落として、道の崩れた部分に、畑の比較的高い部分の土を運んで補修しています。籾殻は簡単には醗酵しませんから、一部は薫炭に出来ないかと、薫炭器で焼き始めています。でもかなり土が混ざっていますから、上手くは行かないようです。まあこの部分の処理は時間をかけてじっくりと行う必要がありそうです。トラクターで耕起するにも、土が乾きすぎていて、なかなか上手く行きません。とにかく雨待ちの状態です。

 兎に角雨が欲しいですね。露地栽培している、メロンは枯れ始め、西瓜もぎりぎりの状態になっています。何故かエゴマ、落花生は比較的元気です。根が深いのでしょうね。ここに播種した大豆、ポップコーンは比較的水を欲しがるようですから、早くからから天気が終わって欲しいものです。
 次はこの畑で、南瓜を作る予定です。南瓜には燕麦、あるいは大麦を回りに播種してみようかと思っています。上手いこと燕麦、大麦の葉の上に南瓜が成ると良いのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(3442)


Counter: 1504, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional