温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-06-13

庭の畑に根きり虫がいっぱいー1。

  • 6月13日

          前に戻る     次へ進む

 互角オクラ、ケール、ほうれん草、全て芽をやられてしまった。

 家の庭の畑では、ラッキョウ、にんにく、にんじん、生姜、インゲン豆、大根、エゴマの苗等色々と作っています。最近レタス、キャベツ、ブロッコリーの収穫が終わったところですが、全て夜盗虫に甚大な被害を被っています。さらにはパセリの苗までやられてしまっています。ラッキョウ、にんにく、にんじん、生姜、等にはあまり被害は及んでいません。すでに成長して収穫期に近いためかと思います。
 ここには残飯をEM処理して、一月に一回位土に埋め込んでいます。このことと根きり虫、或いは夜盗虫との関連は分かりませんが、関連は否定出来ません。EM処理した残飯を埋め込んだ部分には、よく蜂が穴を掘り、卵を産みつけているのをよく見かけます。ブロッコリー、レタスには奥の奥まで虫が入り込んでいます。何とかしなければなりません。
 そこで太陽熱処理で虫退治を行うことを考えています。黒マルチで地面を覆い、地温を上げて虫を退治する方法です。ラッキョウ、にんにくはそろそろ収穫時期ですし、エゴマの苗も移植時期を迎えます。そこでこれから夏に向かう最適な時期に、空いた部分から処理しようかと思っています。太陽熱処理は、半熟堆肥を鋤きこんで行うのが一番良いそうですが、なかなか難しいところです。雑草を刈り取り、山積みして1年以上置いてあるものもありますから、この辺りも利用しようかと、思っています。まずは収穫などの準備からです。
 

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7097)


Counter: 1531, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional