温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-02-24

エゴマの栽培ー1。

  • 2月24日

          前に戻る     次へ進む

 今年もエゴマを作ることにしました。

 昨年は苗が上手く作れなかったり、日照りで生育が悪かったりでエゴマは上手く行きませんでした。それでも何とか12Kg程の収穫になりました。今年は出来れば20Kg以上の収穫を狙いたいと思っています。作付け場所はお堂横畑と、公園横畑の2箇所で、各々で品種を分けたいと思っています。

お堂横畑公園横畑 左がお堂横畑の予定地、そして右が公園横畑の予定地で、今日は籾殻薫炭を一応畝と考えられる部分に筋撒きしています。下地は米糠と、醗酵鶏糞が全面に鋤き込んであります。二箇所で米糠が米袋7袋、醗酵鶏糞が9袋です。今から醗酵鶏糞を入れたら、肥効は無くなってしまうかも知れませんが、土壌改良のつもりで入れています。この後牡蠣がら石灰を筋撒きして、耕起し、畝立ての予定です。雑草のことを考慮すると、6月に入ってから畝立てするのが良いのですが。果たしてどうなるか。

 今年は去年の反省から、エゴマの種は購入することにして、すでに発注済です。苗床に播種器を使って播く予定で、多めに注文しています。苗床は家の前の畑で、管理しやすいことを狙っています。播種は5月中ごろ狙いで、移植は6月になります。畑の土はいずれも元々田圃ですから、粘土質でなかなか細かくなりません。そのため播種器での播種はなかなか上手く行かず、苗を移植せざるを得ません。まあそのことが雑草を抑えることに繋がってはいるのですが。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6177)


Counter: 1686, today: 2, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional