温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2013-02-20

籾殻薫炭を作るー1。

  • 2月20日

          前に戻る     次へ進む

 今日籾摺りの際、籾殻が何袋か取れたので、近く籾殻薫炭を作ります。

 家の場合、30Kg程度以上の籾の、籾摺りをする場合は、近くの精米組合の精米所を使って、籾摺りを行います。10Kg程度の場合は自宅の籾摺り機を使います。今日は70Kg程の籾摺りがあって、精米所で籾摺りを行いました。籾をすれば当然籾殻が出ます。籾摺りをしても、籾殻を持っていく人と、持って行かない人がおり、今日はたまたま籾袋4袋ばかり貯まっていましたので、持ち帰っています。前に貯めておいたものが4袋ありましたから、これで8袋貯まりました。

籾殻8袋 籾殻が8袋貯まっています。籾からは大体70%の玄米と、25%の籾殻が取れます。今日の70Kgの籾からは、50Kg強の玄米と、17Kg強の籾殻が出ています。籾殻袋一袋で何kg有るかは分かりませんが、20Kgはあるのではと思います。籾殻薫炭は、一度に籾殻6袋程度を使って作ります。時間的には水を大量にかけて消火するまで、8時間以上かかります。その間目を離すわけにはいきませんから、時間のある時でないと作れません。明後日辺りに作ろうかと思っています。
 籾殻薫炭は多くを畑に使いますが、お米の苗の育苗用土にもかなり使います。大体用土の1/2程度が籾殻薫炭です。今回作るのは畑用です。

 今回は8袋有りますから、様子を見ながら全部を薫炭にしてみても良いかと思っています。それだけ余分に時間と、手間がかかりますが。明後日朝一番からの仕事です。

  • 2月22日

 籾殻袋8袋で薫炭つくりです。

 今日は一日時間が取れますので、早速籾殻薫炭作りです。籾殻は8袋ありますから、全てを使うことにしました。

薫炭器の煙突を外して着火煙突を付けて発煙8袋積み上げ 左が薫炭器の周りに4袋あまり籾殻を積み上げ、煙突を外して、藁で着火したところ。真ん中は煙突を付けて、紫煙が上がるのを確認しています。そして右が籾殻8袋を積み上げたところです。

 8袋積み上げるまでには、煙突の周りに何度も周りから籾殻を寄せています。煙突の周りが最初に焦げ初めましから。後は時々回りの籾殻を煙突周りに寄せながら、全体が焦げるのを待つことになります。今まで6袋はやったことがありますが、8袋は初めてなので、出来上がるのにどの位時間がかかるのか、不明です。夕方までには火を落としたいのですが。

五割完成八割完成完成 左は午後1時過ぎの様子。何度も下から籾殻を寄せ上げて、表面に薫炭も出てきています。この頃には籾殻の山全体が温かくなって来ていて、山の表面だけではなく、深いところまで寄せ上げています。

 真ん中は全体に黒味を帯び、山の途中から煙が出て、八割方出来上がり。そして右側が全体に黒くなり焼くのは終わりです。ここまで焼くとちょっと焼き過ぎです。

薫炭器外し水遣り火消し そして薫炭器を外します。やはり内部は多少燃えているようです。ここまで8時間ほどかかっています。そして最後に火消しの為に水をやります。12リッターのバケツで20杯、240リッター程やっています。周りには水が溜まっていますから、十分だとは思いますが、まだ気が抜けません。夜9時頃もう一度、火が完全に消えているか確認します。
 今回で薫炭器がかなりいかれてしまい、次回は新しい物が必要になるかも知れません。

 籾殻薫炭は買うとかなり高価なもので、普通はあまり使われません。その効果に関してはよく分かりませんが、使った感じ、粘土質に鋤き込むと、水はけが良くなる事は事実です。狙いとしては線虫等の虫対策になればと思っているのですが。さらには稲の育苗用用土に使って、軽量化が狙えます。米糠に少し混ぜて、散布すると、青虫対策になるという話もあります。籾殻薫炭は炭ですから、もっと色々と良い事があると思います。

 消火2時間後、午後7時過ぎに様子を見たところ、まだ多少蒸気が出ている感じ。追加でバケツ6杯の水をかけておきました。更に1時間後、まだ出ている感じあり、という事で加えて4杯かけました。かけている水は井戸水です。という事は温度が高い、それで蒸気が出ている可能性があります。足で薫炭をかき回したところ、全体がぬれている感じです。それで井戸水をかけたことが原因と思い、水掛終了としました。よく見てみると、井戸水からも蒸気が上がっているようです。冬場はこういうこともあります。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9850)


Counter: 2370, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional