温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2012-10-05

二種類のエゴマの栽培ー6。

  • 10月05日

          前に戻る     次へ進む

 エゴマの刈り取りを終了しました。

 夏場の日照りで、今年のエゴマは本当に背丈が低く、最終的な収量が気になります。エゴマは葉っぱがかなり黄色になり、実も黒っぽくなって来たので今日全て刈り取ってしまいました。株によってはまだ真っ青なものもありますが、あまり区別は出来ないので全て刈り取りました。

刈り取り前のエゴマ刈り取った白エゴマ刈り取った黒エゴマ刈り取り後の畑
刈り取り前のエゴマの様子です。 刈り取った白エゴマをまとめて乾燥に入ります。 同じく黒エゴマをまとめて乾燥です。 刈り取りの終わった畑です。

 刈り取りは一畝毎に草刈機で根元付近を切って行いました。未だ実が落ちるまでは熟していませんから、草刈で多少ショックを与えても、実が落ちることは無いようです。白エゴマと黒エゴマを比較したとき、黒の方が多少成熟が早いようです。
 刈り取ったエゴマはこのまま畑でしばらく乾燥させ、からからに乾いたところで脱穀します。去年はブルーシートの上でたたいて脱穀しましたが、今年は足踏み式の脱穀機を使うことを考えています。ただこの場合は、実が青かろうが熟していようが全て落としてしまいますから、場合によっては脱穀後又乾燥が必要になります。そのために出来るだけ乾燥した状態で脱穀することが必要になりそうです。これからしばらくの間は本格的な雨は降らない予報ですから、二週間ほど乾燥すれば、脱穀可能になるのではと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(5968)


Counter: 1597, today: 1, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional