温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2012-08-04

二種類のエゴマの栽培ー4。

  • 08月04日

          前に戻る     次へ進む

 この渇水にも関わらず、エゴマは元気に育っています。

 今日は午前中ほんのわずかに雨がぱらつきましたが、このところずっと雨が無く、土はからからの状態が続いています。本葉4枚程度のところで摘心して、異常な成長を抑え、収量を上げる方法もあるそうですが、この天気とてもそのようなことを望むのは無理なようです。

エゴマ 御堂横畑のエゴマの様子です。背丈は30cmを越え、本葉は6枚程になっています。雨が望めればここら辺りで摘心したいのですが、あまり元気が良いとは言えないので、このまま伸ばすことにします。
 それにしてもエゴマは乾燥に強いですね。雑草並みか、それ以上のようです。畝は多少高くしてありますが、それでも水枯れになることはありません。ここは元々田圃だったところですから、土質は基本的に粘土です。そのことがよい方向に働いているようです。それにしてもこのカラカラの土の中で、よく育つものです。

 去年は収穫が遅れてしまい、かなりの実を落としてしまいました。それが今年の苗に繋がったのですが、今年はできるだけ多くの実が収穫出来るように、収穫タイミングを見計らいたいと思っています。害虫とか病気に関しては全く気にすることは無かったので、後は雑草にだけ注意を払えば良いかと。

  • 08月05日

 全面除草しましたが、雑草もかなり弱っています。

 遠目にはほとんど雑草は見ませんが、ぎりぎりで生えている雑草がかなりあり、思い切って除草しました。畝上、或いは畝間に結構生えていて、エゴマに見まごう様な雑草が、エゴマと同じくらい強く生えています。根を深く張れない雑草はやはり弱く、普通では簡単に抜けないものが、簡単に抜ける状態です。こんな中でも新たに発芽してくるものも有り、やはり雑草です。根を深く張るものはできるだけ早く取り除いておきたい思います。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(6561)


Counter: 1804, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional