温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2012-06-25

色々な麦の栽培-7。

  • 06月25日

          前に戻る     次へ進む

 ライ麦の収穫、脱穀。

 一番収穫適期に刈り取りが出来た感じです。

 天気はあまり良くないのですが、ライ麦の実がかなり硬くなり、収穫時期と判断して、バインダーによる刈り取り、ハーベスタによる脱穀を一気に実施です。場所は御堂横と公園横の二箇所、ハーベスタの移動は結構気を使いました。更にライ麦は背が高すぎるために、バインダーで刈り取ると、藁の部分が折れるように曲がってしまい、結束後の排出が上手く行かず、これもかなり苦労してしまいました。その曲がった藁の束を脱穀すると、これもまたハーベスタからの排出が上手く行かず、引っかかってしまいます。簡単にいくはずの作業でしたが、かなり時間をロスしてしまいました。

ライ麦 収穫後のライ麦の様子です。ライ麦の表面はかなり乾いている感じで、爪でやっと跡が付く程度です。昨年は収穫が遅れてしまい、ライ麦の質は余り良くありませんでした。でも今年は最適期に収穫が出来、質としても非常に良いものと思います。収穫量は御堂横で10.4Kg、公園横で8.7Kg、合わせて19.1Kgまずまずの量です。でも作付け面積からすると、かなり少ない感じです。同じ御堂横で作っていた南部小麦が2畝で10Kg以上有りましたが、ライ麦は3畝で10.4Kgですから。他の麦類の2/3程度になります。肥料を与えれば多分他の小麦類と同じ位は収穫が出来るのではと思います。でも肥料を与えると、背丈が更に伸びてしまいます。痛し痒しですね。適当に与えることが必要なのですが、難しそうです。

 これで今年の麦類の収穫は全て完了です。ただ未だトウミかけ、十分な乾燥が終わっていませんから、このまま保存というわけには行きません。明日は天気が良さそうですから、一部トウミかけ、最終乾燥を出来たらよいかなと思っています。

  • 06月26日

 全ての麦のトーミかけと、4品種の最終天日乾燥実施。

 南部小麦と六条大麦の天日乾燥が残った。

 今日は久々の晴天、遅れていたトーミかけと、天日乾燥がやっと出来ました。天日乾燥用のござが足りないために、南部小麦、六条大麦は出来ませんでしたが、この二品種はずっと扇風機乾燥をしていたので、特に天日乾燥は必要無いようにも思えます。次に天気が良くなった時にでも天日乾燥しようかと思っています。これで小麦は色々な材料として使えるようになりました。問題はグルテンの量で、果たしてユキチカラ、ミナミノカオリはパンを焼けるほどになっているか、農林61号は腰のあるうどんが出来るか、楽しみです。
 保存は虫除けのために、ビニール袋に入れますが、脱酸素剤は一度入れて、後ほど取り出すつもりです。まあ口を開ければ、脱酸素剤の効果は無くなりますが。一度酸素を無くして、虫を退治する感じです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(0178)


Counter: 1960, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional