温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2012-04-20

色々な麦の栽培-4。

  • 04月20日

          前に戻る     次へ進む

 知らない内に、ユキチカラ以外は穂が出ています。

 田圃の方に色々と気を取られている内に、ユキチカラ以外は、麦類の穂が出てしまいました。3月16日に追肥をしていますが、今日遅くはなりましたが、穂肥を振りました。今回は時期的に遅くなりすぎましたかr、化成肥料を振っています。
 ライ麦は公園横の畑と、お堂横畑で作っていますが、背丈を比べてみると、お堂横畑の方が伸びていて、肥料の効いていることが分かります。公園横畑でも、東側(奥のほう)程肥料は効いていないようで、背丈はかなり低くなっています。そこで低い部分にのみ、穂肥を振っています。

農林61号とミナミノカオリ農林61号ミナミノカオリ 左の写真は家の南側の畑で、右側(西側)が農林61号、左側(東側)がミナミノカオリです。真ん中の写真は農林61号の穂の様子です。そして右側の写真がミナミノカオリの穂です。穂の出方はミナミノカオリの方が遅いようです。
ユキチカラと六条大麦ユキチカラ六条大麦 左の写真は、公園横畑の右側がユキチカラ、左側が六条大麦です。真ん中の写真は、ユキチカラで、まだ穂は出ていません。そして右側の写真は六条大麦です。ユキチカラは穂が出るまでもう少しの感じです。
公園横ライ麦ライ麦の穂左が公園横畑のライ麦で、右がそのライ麦の穂の様子です。公園横畑では、左の写真に見られるように、手前(西側)と奥(東側)の二箇所に分けてライ麦が作ってあり、奥のほうが全体的に背丈が低くなっています。手前側は前作に落花生を作っていた所で、奥側は去年ライ麦を作って、そのままにして置いた所です。肥料はいずれもそれ程入れておらず、牡蠣ガラ石灰と、醗酵鶏糞を少々です。3月の追肥では両者とも何も入れていません。
お堂横畑の南部小麦とライ麦南部小麦画像の説明 左の写真がお堂横畑で、左側が南部小麦、右側がライ麦です。真ん中の写真が南部小麦で、右側の写真がお堂横畑のライ麦です。公園横畑のライ麦に比較して。背丈が少し高くなっています。穂の出方はほぼ同じようです。

 毎年色々と小麦を作っていますが、そろそろ二品種くらいに絞りたいところです。でも今まで出来があまり良くなく、なかなか絞れない状況が続いています。小麦は肥料を効かせないと、なかなか良いものが出来ないと言われていますから、この辺りが原因で良い物が出来ないのではと思っています。果たして今年はどうなるか、気になるところです。でも今年は去年の12月、本来麦踏をする時に、踏める状態になっていなかったことで、一回も踏んでいませんから、分げつがかなり進んでいて、果たして良い出来になるかどうか心配なところです。
 昨年は4月26日前後に開花していますが、今年も似たり寄ったりかと思います。今年の期待はユキチカラ、何とかパンが焼けそうな小麦が収穫できると良いのですが。うどんには農林61号をぜひ使いたいところで、こちらもどんなものが採れるか、期待いっぱいなのですが。

  • 04月24日

 ユキチカラにも穂が出ました。

 20日には見られなかったユキチカラにも、穂が見られるようになりました。

ユキチカラの穂 これで全て穂が出揃いました。今日からは気温も上がり、これからぐんぐんと成長していくと思います。昨日の雨で、この前与えた追肥も、これから効いてくるはずです。ユキチカラはパン用の小麦で、強力粉に近い特性を持っているはずです。だから追肥さえ効いてくれえれば、タンパク質の含有量も上がって、パンを作れるようになるはずです。
 ミナミノカオリも本来はそれと同等のはずなのですが、今までうまく出来ていません。今年は今の時期に追肥したことで、思うとおりの小麦が取れると思うのですが、果たしてどうなるか。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(7844)


Counter: 1871, today: 1, yesterday: 2

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional