温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-09-28

ハクビシンに負けない落花生の栽培ー6。

  • 9月28日

          前に戻る     次へ進む

 おおまさりがハクビシン?にやられた。

 今朝公園横畑に行ってびっくり、まさかとと思ったけど、落花生の大房が4株ハクビシン?にやられていた。確かにこのところ電柵周りの雑草の管理が多少甘かったが、それ程漏電しているとは思えないのに、間違いなく入られている。一部一番下の電線と土面までの距離が開いている所が有ったが、ショックである。

やられたおおまさり3株収穫後収穫した落花生落花生畑全体
 やられた株の一つ。この株の被害は最小。 被害の少ない株以外は収穫してしまった。 収穫した落花生おおまさり。これで3株分。 落花生畑全体。手前2列がおおまさり、後は千葉半立つ。

 今のところやられたのは4株だけです。今日は電柵の周りの雑草、土の管理をきちんとしましたから、これで明日やられているいるようだと、考えなければなりません。この程度の電柵では役に立たないということになります。
 千葉半立つの方は未だ大丈夫です。やられたおおまさりを3株収穫してしまいましたが、収穫までにはもう少しの感じです。でも既に成熟している物もあり、明日又ハクビシンにやられるようでしたら、収穫を考えねばなりません。ハクビシンは食べられるようになった物を荒らすと思いますから、千葉半立つの方は未だ収穫には早いということかも知れません。でもそろそろ収穫時期です。
 収穫したおおまさり、3株ですから量としてはそれ程有りません。今日早速茹でて食べてみようと思います。千葉半立つの方もそろそろ験し掘りをして良い時期に来ていますので、明日にでも掘ってみようかと思います。

  • 9月29日

 千葉半立もやられている。おおまさりは収穫してしまった。

 千葉半立の方も良く見てみるとやられている。ハクビシンにやられると、最初の内は良く分からないが、葉っぱが汚れていたり、根元に穴が掘ってあったりしていて、それが進むと根元の部分で葉っぱが押しつぶされるようになる。いったいどこから入って、どこから出て行ったのか、分からない。四隅と、曲がり角に木の杭が打ってあるが、その内側に電柵のケーブルが張って有るが、これが問題かも知れない。杭の外側を伝って中に入ることは可能だ。出る時はバッテリーボックス辺りに登って、そこから逃げることもできそうだ。

千葉半立掘り取ったおおまさり根元の根粒菌収穫したおおまさり
 ハクビシンにやられている千葉半立。 収穫したおおまさり一株分。 おおまさりに着いた根粒菌。 収穫してざるに干しているおおまさり。

 千葉半立良く見ないと分かりませんが、確かにやられています。今日は時間が無かったために、一畝のみ収穫して、ハウスに干しておきました。おおまさりの根にはかなりの根粒菌が着いていて、土が多少なりとも良い方向に変わってきている事を感じさせます。
 ざるに干しているおおまさり、一番右が大粒なもので、選別した物です。大粒な物は未だ全体の三分の一以下の感じで、収穫にはやはり早すぎる感じです。後二週間は欲しい所です。
 明日又千葉半立の様子を見て、ハクビシンにやられているようでしたら、収穫せざるを得ないかも知れません。

  • 10月1日

 電柵周りの整備で、ハクビシンの進入防止。

 せっかく電柵を設置して入られたのでは、何ともふがいない。それもハクビシン用という事で設置したのだから。そこでもう一度徹底的に見直して、整備し直して見た。一番入り安そうな場所は、電柵の直ぐ外側にあった小さめの柿木、ここからなら入れるし、電源ボックスを利用すれば出ることもできると見て、切ってしまった。更に電柵の上にかぶさっていた梨の木の枝、これもカット。同じように入れそうな所として、電柵の外側にある椿の植木、ここからでも入れそうであるが、出られそうにないので、暫く様子見とした。そこから入られるようなら、これも切ってしまうつもりである。これで一日は持ったが、明日はどうなるか分からない。収穫まで後10日ほど有るので、それまで防いで欲しい。
 近くの家でも落花生がハクビシンにやられて、収穫してしまっている。ここは電柵もしてない状態だから、採ってしまうしか手が無い。更にいけないのは、収穫して家の庭に干していた落花生まで漁りに来ているとの事。山にはえさがそんなに無いのか、或いは落花生が簡単に取れて美味しいから出てくるのか。
 お堂横にも落花生は作っているが、ここは今の所大丈夫。四隅の支柱以外、中に入れる所が無いと思われるからか。でも油断は禁物。何せ電柵の外側にある4株は全てハクビシンにやられているから。これからは電柵の優位性が良く分かる。やはりこの辺りでは電柵無しでは落花生は作ることができない。それにしても公園横の落花生がやられたのはしゃくにさわる。もう少し考えて電柵の周りを整備しておけば良かった。
 このまま上手く行ってくれれば10月半ばには収穫できるようになります。後10日から二週間です。それで播種から135日程になりますから。

  • 10月5日

 結局椿まで切ってしまった。

 柿ノ木、梨の木の枝を切ってもやはり荒されてしまった。やはり椿の植木からは入れようだ。入ったは良いが、どこから出たのだろう。そこで思い切って4本の椿の木を切ってしまった。そして木ってから3日目、入られていない。やはり椿の木を上って入って来ることもあったのだ。これで一安心で、後一週間もすれば収穫が可能になる。
 先に収穫したおおまさり、やはり収穫適期ではなかったため、未熟な豆が多く、かなり棄ててしまった。播種から130~135日が収穫適期という事だが、葉っぱの方は未だしっかりしているので、下葉が黄色くなるのを待つことまで考えて良さそうだ。あまり置き過ぎると、今度は未熟ではなく、発芽した豆が多くなる可能性もある。いつ収穫するか。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(9136)


Counter: 2190, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional