温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-09-06

お堂横の畑でエゴマを作ってみよう-5。

  • 9月06日

          前に戻る     次へ進む

 花の時期も終わりに近付いています。

 大きな物で自分の背丈程に伸び、花を付けているエゴまですが、そろそろ花の時期は終わりです。花自身は小さくて、あまり見栄えのするものではありませんので、いつの間にか咲いて、いつの間にか終わりを迎える感じです。根元には咲き終えた花びらが大量に落ちていて、花が大量に咲いた証を残しているようです。

エゴマの花エゴマの花エゴマ畑 花を見るとエゴマがシソの仲間であることが良く分かります。シソの花とそっくりです。葉も一見シソと同じですが、匂いが異なります。今の所虫も付いていない様で、全体としては順調なようです。

 畝間はかなり取ったつもりですが、これでも狭い感じです。やはり120cmは必要なようです。写真では分かりませんが、所々にエゴマより更に背の高い雑草が混ざっています。これは花が咲き、種が付くと厄介ですから、気の付いたところで抜いています。茎の一番太い所で直径が5cm程ありますから、かなりの存在感があります。
 今の所多少風が吹いても倒れることは無いようです。エゴマの背丈は、エゴマのまとまりの真ん中辺りが高く、周辺はかなり低くなっています。外から見ると中心部分がぽっこりと膨らんでいます。このことが倒伏し辛いことの理由の一つになっている感じです。真ん中辺りは周辺に比べて、太陽のあたり方が少ない為でしょうか。上手いことできています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8917)


Counter: 1919, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional