温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-06-10

新しい畑への取り組み-2。

  • 06月10日

          前に戻る     次へ進む

 今度は家の直ぐ斜め前の畑を借りられました。

 今回は今年の春まで菜花を連作で作っていた畑で、土質は多少粘土ぽい砂質です。菜花を作っていた人は”線虫”の被害がひどくて、この畑を諦めたようです。この畑は隣の人の畑で、その畑を菜花を作っている人が借りていたものです。菜花の後には、南瓜、スイカ等を作っていました。菜花を作るには、かなり大量の窒素肥料を使用しているようで、この畑を使うに当たっては、線虫と窒素過剰の二点への対応が必要です。
 線虫対策として、フレンチマリーゴールド(グランドコントロール)と、クロタラリア(ネマキング)を畑で作る事にしました。クロタラリアには窒素吸収の効果も有ります。双方とも6月播種で、3ヶ月程育てて、鋤き込むことになります。
 9日には早速トラクターではなく、耕運機で全面を耕起しました。菜花の収穫を終えて、残債を鋤き込んだ後、一度全面をトラクターで耕起しただけですから、柔らかい雑草がかなり繁茂した状態でした。

家の前の畑 手前の窪みラインから向こう側が新しく借りられた畑です。畑の西側は道で、東側はU字側溝になっています。北側が今まで作っていた人の畑で、南側はつぼんでいる変形の畑です。面積的には50から75坪程度有り、広さとしては使い易い所かと思います。線虫対策と、多少の窒素抜きを行なった後で、何を作付けするか、10月中旬以降ですから限定はされます。来年も引き続き線虫対策を行ないますから、来年の6月迄の作付けになります。冬から春に掛けての野菜で、比較的線虫に強く、多少窒素過剰でも良いものになります。あまり無いですね。今年の作付を諦めて、同じく線虫退治に効果の有るえん麦を11月に作付し、冬越しして、来春から畑を使うと言う選択も有ります。今は畑が足らないと言う状態ではないのでその選択肢を選ぶ事になるかと。

 線虫の密度が大きく下がれば、何でも作付が出来るようになります。フレンチマリーゴールド、クロタラリア、えん麦を緑肥として鋤き込む事になりますから、土はかなり改善される事が期待されます。ニームパウダーを使うと言う選択肢も有りますが、今回は使わないで、様子を見ることにします。何せニームパウダーは高価ですから。

 上手く行けば(調べる訳ではないので、判断は出来無いのですが)来春以降は何でも作付出来るようになるはずです。何を作ることになるか、今から楽しみです。

  • 06月16日

 夕方から雨が降るとの事で、耕運機で耕起後、クロタラリアを播種です。

 早速ネマキング(クロタラリア)を播種しました。

ネマキング ネットで取り寄せたネマキング、500gr二袋で1Kg有ります。線虫抑制効果抜群とあります。本当にそうだと良いのですが。ここの畑に蒔くのは、全て青刈りしてしまいますから、種は取れません。そこで別の場所(お堂横)に種取様に少し蒔く予定です。ネマキングは、種をばら撒きでよいのですが、別に購入したフレンチマリーゴールドは、どうもそうは行かないようです。苗を植えつける感じのようです。そこで今年はこの場所にフレンチマリーゴールドを植えつけるのは、諦めました。これも種取用に、お堂横畑に植え付けようかと思っています。10月になったら、ここにはえん麦を蒔いて、更に線虫を抑制しようかと思っています。
  • 06月18日

 クロタラリアが発芽しています。

 このところの雨続きで、クロタラリアが発芽しています。種はばら撒きですから、相当のまきむらが有るようです。明日からは梅雨独特の、曇り基調の天気が続きますので、このまま生育していくと思います。生育期間は90日程度ですから、9月20日頃には倒して、トラクターでの鋤き込みになります。その後更に二回ほど鋤き込んで、又次の段階、えん麦による線虫駆除に移ります。問題はその後どうするかですね。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1217)


Counter: 2685, today: 1, yesterday: 3

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional