温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-04-13

小麦とライ麦の栽培ー9。

  • 4月13日

          前に戻る     次へ進む

 ミナミノカオリに出穂、そして他の品種にも近いうちに穂が出そうで、穂ばらみの状態です。

 やはり出芽から順調だったミナミノカオリの出穂が一番です。でも他の農林61号、南部小麦、ライ麦も近いうちには出穂しそうです。

農林61号南部小麦ミナミノカオリライ麦
農林61号南部小麦ミナミカオリライ麦
 農林61号です。 南部小麦です。 ミナミカオリです。 ライ麦です。

 一時期はどうなる事かと心配した農林61号、南部小麦、ライ麦、やはり農林61号は生育にばらつきが大きく、かつむらが大きい感じです。でも収穫には何ら問題は無いようです。ミナミノカオリはさすがに一番順調です。何が一番違ったかと言うと、玄麦の出来に差が有ったようです、購入した玄麦(ミナミノカオリ)は全く問題なく行ったのに、その他は多少未熟だったようです。その辺りの理由は天候の問題も有りましたが、落花生の植付け時期が迫っていたために、多少早刈りせざるを得なかった事が一番の理由だったと思います。落花生は5月中~末が播種時期ですから、事前の準備を考えると、畑は5月中には開けておく事が必要になります。これは麦にとっては非常にきつい事で、どうしても畑を開けるのは6月になってしまいます。その辺りが一番の問題でした。今年は同じ間違いをしないようにしようかと思っています。今開けてある場所や、エンドウ、ソラマメ、グリーンピースを作っている場所に落花生を植え付けようかと思っています。麦類は天候にもよりますが、完熟の状態で収穫したいと思っています。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(1226)


Counter: 5016, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional