温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

畑を楽しむ/2011-01-29

RYOBIの高圧洗浄機AJP-1600が壊れてしまった-2。

  • 01月29日

          前に戻る     次へ進む

 新品交換と言う事で一応の解決です。

 年末の大掃除中に壊れてしまったAJP-1600、ネット上のお問い合わせ窓口に内容を記入して連絡を取ったところ、1月7日に千葉営業所の担当者から丁重な電話があり、物を送って欲しいとの連絡がありました。そしてほぼ同時に、RYOBIの住建機器本部 技術部 カスタマーサービス担当の方から、千葉営業所の方から連絡するとのメールをもらいました。そこで早速に発送しましたから、11日には届いたと思います。そして1月17日に千葉営業所の方から、検討に概ね3週間ほど掛かるとのメールをもらいました。
 そして昨日1月28日に千葉営業所の方から電話があり、今回は修理ではなく、新品交換で対応させてもらうとの連絡があり、今日1月29日、新AJP-1600を受け取りました。そして千葉営業所の方には早速対応のお礼メールを打っています。問題提起から解決まで約20日、早い対応だと思っています。

回答1回答2 カスタマーサービスの方から届いた報告書は左の内容で、壊れたばね受けリングは疲労破壊で、原因は主に部品不良との見解でした。そしてそれに伴い整流子の焼損が進んだと有りました。
 残念ですが設計の問題ではなく、バネ受けリングへのバネ荷重の偏り、プレス工程でのマイクロクラックの発生等の複合的な要因による疲労破壊で処理されています。そして製造工程の改善と、検査の徹底を図り、製品の品質向上にに努めて行くとありました。
 ネット上の口コミ等を見てみると、かなり短時間で動かなくなってしまうものも有る様で、多分同じ事が原因での故障ではと推測されます。高圧洗浄機はそれ程しょっちゅう使う物ではないために、あまりと言うか、殆ど使わないうちに、保証息期間一年が切れてしまいます。今回の場合、最初は保証期間を過ぎての故障だったために、諦めていたのですが、壊れ方を見て、問題だと感じ、クレームを付けたものです。自動車で言うならば、シャシバネが折れたようなものですから。

 部品不良を発生する原因の内、かなりの部分が設計の不具合によると思っています。今回の様に非常に短時間で板材が疲労破壊するのは、やはり部品の問題と言うのではなく、設計の問題と考えて、それなりの対応が必要だと思うのですが。
 今回新しいAJP-1600との交換となりましたが、又この新しいAJP-1600が同じように壊れたどうしようか、悩むところです。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8727)


Counter: 5343, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional