温暖と言われる南房総で、自給自足を目指しながら、農的な生活を楽しむ男の色々な日記です。

ここにタイトルを入れる

田圃を楽しむ-17。

  • 9月3日

          前に戻る     次へ進む

 勝負田のコンバインによる収穫実施。

 朝からまあまあの天気に恵まれ、今日は午前中から勝負田の刈り取りです。以前はバインダーで刈り取り、ハザに掛けて干していたのですが、今はコンバインで収穫して、籾乾燥機で乾燥です。朝方四隅の処理を中心にして、午後からはコンバインで本格的な刈り取りです。

画像の説明画像の説明 左は入口部分の角を刈り取り、コンバインでの収穫開始です。右はほぼ90%ほぼ90%の収穫を終えた状態です。コンバインは二条刈ですから、1.5反の広さの収穫には準備などを含めて3時間ほどかかりました。車速をもう少し上げれば、もう少しは短時間で出来るのですが、安全を見て、多少スローで刈り取りを行っています。収量は籾袋で27袋程度でした。

 乾燥機に入れて籾の水分を見たところ、21.8%になっていました。やや低い気はしますが、まあ良いとしました。乾燥の程度は14.8%程度です。
 明日は一応山の上の田圃の収穫を行う予定です。問題は土の硬さで、毎年のことですが、コンバインを走らせるのはヒヤヒヤものです。

  • 9月4日

 山の上の田圃のコンバインによる収穫実施。

 昨日に引き続き、山の上の田圃のコシヒカリの収穫です。勝負田に比べて、土が柔らかで、毎年ドキドキものです。毎年南東の角地は手刈りですが、加えてそこへ続く南側も手刈りしました。

コンバインで収穫開始収穫完了山の下の田圃のマンゲツモチ 左が収穫を開始した所です。左側は後で刈り取りのため残してあります。真ん中は収穫完了、右は下の田圃のマンゲツモチです。いつ収穫するか、天気予報を見ながらです。

 山の上の田圃のコシヒカリ、やはり猿の被害を受けたことも有り、収量は2割以上少なくなっています。一番気になることは、コナギがかなりの場所で見受けられることです。来年以降どうするか、難し感じです。
下の田圃のマンゲツモチ、8日に雨が降り、それ以降あまり天気が良くなさそうです。一応7日の天気予報を見て、どうするか決めようかと思っています。

  • 9月6日

 山の下の田圃のマンゲツモチ、4隅と湿った部分刈り取り。

 これからあまり天気の良くない日が続きます。そこで収穫には未だかなり早いマンゲツモチ、一部ハウスでの乾燥を前提に手で刈り取りました。葉は未だかなり青く、本来の収穫までは1周間以上必要な状態かと思います。

刈り取った南東角地ハウスに作ったハザで乾燥 左が下の田圃のマンゲツモチの南東角地、一番湿っている部分を刈り取った様子です。右は刈り取ったマンゲツモチを、ハウスのハザに掛けて乾燥している所です。束にして32束、籾にして10Kgは有るかと思います。雨は明後日8日から降るとの予報です。そこで明日ハウス内で干せる分だけでも刈り取りを行おうかと思っています。

 ハウス内のハザはそれほど有りませんから、明日刈り取れても50束程度です。周りを刈るか、南側を刈るか、難しいところです。僅かに50束程度ですから。

          前に戻る     次へ進む

認証コード(8615)


Counter: 132, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional